絵下山からの初日の出について | ニュータウン裏山探検記

ニュータウン裏山探検記

やのみー探検隊が行く!
by Yanomii Tanken-Tai


テーマ:

 このブログの管理画面では、検索ワードの一覧が表示できる。最近、「絵下山 初日の出」などで検索し、このブログにたどり着いた人が何人かいるようだ。

 初日の出は、年に一回切りの大切なイベント。失敗すると、一年の始まりを台無しにしてしまう。


 私も一回しか見に行ってないのだが、そのときの経験をもとに、「絵下山からの初日の出」をご案内しよう。


1 時間

 広島の元日の日の出時刻は、毎年7時16分である。

 絵下山からは時24分、東側に13キロほど離れた野呂山の上に太陽が頭を出す。

ニュータウン裏山探検記-110101a

写真:2011年元旦。絵下頭からの初日の出


2 ポイント

 絵下山の主な展望台(HOME塔前頂上広場、TSS塔前展望台、デジタル塔前展望台)は、西の広島湾に向かって眺望が開けている。太陽が出る東側に視界が開けた場所は限られる。

ニュータウン裏山探検記-110101b

写真:絵下頭の岩の上

 初日の出が楽しめるポイントは次のとおり。

① 絵下頭 : おそらくベストポイント。今年、私はここにいたが20人くらいの人が集まっていた。

② 絵下の肩(肩の岩) : 絵下頭から少し北に下った場所。穴場ではないかと思う。

③ 南トレーニングコース出口 : 車道からなので山道を歩かなくて良い。

④ 西の展望台 : 東側が山なので太陽は見えない(あるいは遅い)が、海に浮かぶ似島や江田島に朝日が当たる景色も良いらしい。


 アクセス

 たぶん、公共交通機関は動いていない。

 車が一般的だが、少し覚悟が必要。この日のこの時間は1年で最もたくさんの人が絵下山に上がっているし、薄暗い道を人が歩いているので、十分に注意して運転しなければならない。

 駐車場は次の場所にある。

① 東麓駐車場 : 最も大きいふもとの駐車場。20台くらい駐車できる。今年は6時半には満車だった。頂上まで徒歩で3キロの車道を歩く。50分から1時間かかる。山道(遊歩道)を歩く人もいるのかもしれないが、日の出前は薄暗いので、慣れていない人はやめた方がいい。

② 絵下頭駐車場 : 「絵下頭」「絵下の肩」に最も近い駐車場。10台くらい駐車できる。私はここまで行っていないので分からないが、おそらく早めに満車。

③ 頂上広場 : 西方面の景色で良いならこちら。10台くらい駐車できる。現在、砂利(バラス)が深すぎて、車輪が空回りするので注意。

④ 絵下頭下あずま屋前 : 本来は駐車場ではないが、実は今年、ここにとめた。協力すれば6台くらいはとめられる。


ニュータウン裏山探検記-hatsuhi

 4つの駐車場を合計しても50台足らずにしかならないが、実際はもっと多くの車が上がっており、少し道路幅の広い場所などに駐車している。

 離合が難しくなるので、一度上がった車は、日の出までは下りないようにしてほしい。逆に日の出後、しばらくは登らないようにしてほしい。

 初詣の神社のような駐車場案内や交通整理の人などはいない。とにかく譲り合って行動していただきたい。


 見事な初日の出を気持ちよく見られますように。


やのみー探検隊長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス