CAD/CAM | 岡山駅前の歯科医院:柳デンタルクリニックのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

CAD/CAM

多分ハイブリッドセラミック系の詰め物だと思うのですが

欠けています。

中は極端に虫歯にはなっていなかったので幸いです。

修復物が欠けたり折れたりするのはダメなことかもしれませんが

歯さえ守られれば僕的はOKなのです。

セラミックにしろ材料はいくらでもあります。

しかし天然歯はかぎりがあります。

割れたり、折れたりすることはきっと何かのサインなのです。


修復物が破損することで歯への負担は減りますし

虫歯なら気づかせてくれます。






このいわゆるインレーに関しては、つけるイメージではなく

はめ込むイメージのものがいいと考えます。

そうなるとCAD/CAMシステムでないと作製できないのです。


写真の症例は理論的には、割れないはずです。

今現在、僕の考えのなかでは・・・・

結果はもちろんすぐにはでませんが・・・

色がどうとかいう先生もいますが・・・


最高の出来栄えなのです。

ただこれがゴールではありません。










$岡山駅前の歯科医院:柳デンタルクリニック