横隔膜を思ふ | 鈴木智の集まれ!ヤムナ「Yamuna®」ボディローラー
2018年12月12日(水) 10時39分32秒

横隔膜を思ふ

テーマ:ブログ

何かと話題になる呼吸ですが、

みなさんは正しく行えていますか?

 

 

息を吸って吐く

単純な動作のようで難しい

と近頃よく思います

 

 

胸式?腹式?

身体には個体差があるので

どちらも正解とも言えます

 

ただ

 

呼吸の主動作は「横隔膜」であることは

間違いありません

 

 

横隔膜の上下動作が正しく行えないと

様々な代償動作がおこり

腰痛や肩こり、

自律神経の乱れに繋がります

 

 

横隔膜の働きを活性化できれば

無駄な代償運動が減って身体が楽になりますし

 

 

反対に、代償運動による

身体の緊張や歪みを減らせば

呼吸もしやすくなるはずです

 

 

ヤムナボールで全身をワークして

今の状態を確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

2018 年 12月22日(土)  
■ 【1DAYワークショップ】

ヤムナメソッドによる全身セルフアプローチ 

〜左右差を感じ整える〜
時間:10:30~16:30(昼休憩あり) ※要予約

 

自分のカラダ、使いっぱなしにしていませんか?
つま先から頭までを1日かけて全身セルフメンテナンス、1年間蓄積した疲労を取り除きましょう!

今回のテーマは「左右非対称な身体の状態を知って、自分に合った日々のメンテナンス方法を習得」です。

腕や脚などの表面的な骨格の形は、通常、左右対称です。しかし、体内にある臓器は、左右でかなりの違いがあります。心臓は左寄りですし、肝臓は右側にあります。肺は左右に2つありますが、右は3つに別れており、左は2つにしか別れておらず右より小さめです。胃や腸なども、使われ方によって位置が偏ってしまいます。

日々その左右非対称な臓器を支えている骨格は、おのずと左右で違った動作になり、姿勢が崩れる原因に。

今回のワークショップでは、その様な左右の状態を調べながら、同時に調整を行っていきます。

まずは立位のフットフィットネスからスタート、左右の足に掛かる荷重バランスを調べながら、足部のアーチを整えます。次にフォーカスするのは、その非対称な臓器!腹部や胸郭を細かくボールでワークしながら、その重り(臓器)の偏りや、落ち込みを整えます。

後半は、その臓器を支えて動かしている、脚全体のアライメントに対してワーク。その後、臓器に乗っかっている肩と腕の位置を整えて、負担を取り除きます。最後に、脊柱を上方に引き上げて、重力に負けない姿勢を取り戻します。

クラスが終わった後は、全身の重さの中心が定まり、しっかりとした軸を感じられるでしょう!

下記のような方に特にオススメです

◯しっかり自分の体と向き合って、いつまでも健康でありたい方
◯今の身体の状態を自ら把握して、その改善方法を探求したい方
◯アスリートやダンサーなど、ピークパフォーマンスや障害予防が必要な方
◯治療家、医療従事者、トレーナーの方で、クライアントのためのセルフケアを学びたい方

 

 

料金:15,000円(税別)
対象:初心者でもOK
講師:鈴木 智【YBR®資格トレーニングティーチャー、NATA公認アスレティックトレーナー】
場所:Yamuna Studio & Store
備考  【ご予約】お名前、ご連絡先、クラス内容をご明記の上、お申込み下さい。
問い合わせフォーム:http://yamunajapan.com/studio/contact/

 

鈴木 智さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス