宮島のお土産物屋さん

やまむら商店

店主の山村ゆう子です。



昨日は思い立って

阿多田島(あたたじま)へ。




赤い点は嚴島神社


紫色の点(大竹市の小方港)から船に乗ります


宮島から南西に約5キロの島



フェリーが1日5往復しかなく(^.^;

9時半の次の14:40の船に
片道710円 乗船時間35分


阿多田島(あたたしま)は
あたたかい島が訛った説


レモンハマチの養殖が有名で
漁師さんも多いのかな?
牡蠣の養殖もされています。


飲食店や魚屋は パッと見た感じは無かったです(^.^;



釣り人の集う島(海の釣り堀とかあるらしい)の話も聞きます。
私は釣りに興味ゼロ(魚を食べるのは大好きよ)だからよくわからない(^.^;



何をしに行ったって

在宅ワークに飽きたから外に行きたかった
宮島踊り「宮島八景」の歌詞に名前がでてくるから
それだけの理由(^.^;



阿多田島から見る 宮島



私がいつもみる宮島シルエットはこちら



宮島の西の端の先に可部島があり
本土からだと右に見えるのが



阿多田島からだと左に見えるのも新鮮!


上陸し、まずは阿多田島神社へご挨拶

タイプ玉乗りの狛犬ちゃんが
かわいい


お祀りされている多岐都姫さまは
宮島の三姫様の一柱で、なんか嬉しい(^^)

嚴島神社の紋を発見


砲弾  ですよね?


帰りのフェリー(最終便)まで
残り、約2時間半


なんとなく、灯台や海の家の方へ、道なりに歩いてみる。



歩くこと約20分ほどで海の家到着
要予約施設です。閉まってます。



さらに奥へいくと〜
ビーチじゃ〜!貸し切りや〜

と、ここで暫く過ごしました。

波の音が心地よく、
しばらくボーッと過ごして
リトリート(心のお洗濯ね)できました(^^)


来た道を戻り、フェリー乗り場からすぐの猪島へ。



阿多田島は猪島と橋で繋がっていて(徒歩二分くらい?)


行きの船の海上から視界にバーン!と入ってきた神社へお参りに。


竜宮神社
綿津見神様をお祀りされています。
清浄な雰囲気でした。



18時発の最終便の船がきました
後ろに見えるのは宮島



一周12キロほどの小さな島でおそらく住民みんな顔見知り。
観光をウリにしているわけではないので


完全に ストレンジャー(^.^;でしたが
すれ違う時などに挨拶すると
穏やかなすてきな笑顔で返してくれました(^^)うれしい〜




また行けるかな〜♪
今度は山に登ろうっと。



☆☆☆〜

今日は宮島でお仕事です