宮島のお土産物屋さん

やまむら商店 店番便り

店主の山村ゆう子です。

 

 

宮島にいると、

当たり前に潮の満ち引きを感じます。

 

 

「神社の鏡の池が見えているから干潮」とか。

 

潮に鳥居が映っているから潮が満ちてるとか

6月から鳥居の補修が始まると 寂しいなぁ。

 

 

夜の神社も満潮がきれい

 

 

 

海辺にお住まいでない方や

海辺でも干満の差があまりない地域の方は

 

 

「毎日同じ時間に満潮、干潮がくる」 と思われるようです。

 

 

実際は

 

満潮、干潮が日に2回ずつ来て(月に数日 片方が一回の時もあり)

 

 

満潮から次の満潮までは 約12時間前後 (干潮も同じ)

例えば、満潮が朝の8時なら 次の満潮は20時前後です

 

満潮干潮の時間が毎日少しずつ(1時間位)変わることも見て知っています。

今日 満潮が8時なら 明日は8時45分とか 明後日は9時半くらい~

 

 

 

新月、満月の日は大潮といって、干満の差が大きくなります。

 

 

宮島の場合

新月と満月の日は  干満の時間が同じくらいです

 

満潮が9時~10時半頃 (21時~22時半)

 

干潮が2時半~4時頃 (14時半~16時頃)

 

要は午前中に満潮を迎え 夕方に向けて干潮

 

 

 

管絃祭のおかげで、満月の日の干満時間はだいたいわかるけど

新月の日も時間が同じくらいか一応確認するため

潮位表みながら書き出してみた爆  笑

 

 

宮島にいらっしゃる前に事前に調べるなら こちらをご参考に

宮島観光協会HP 潮見表