器とお酒

テーマ:
宮島のお土産物屋さん
やまむら商店  店番便り
店主の山村ゆう子です。


昨日、器とお酒の話を少し書きました。



実は今、どんなお酒が合うかな~と楽しんでいる器があります。


薩摩切子です

色がとにかく美しいし
細工の見事さ美しさ
ふふふ~♪

ずっしり感あり、でも縁は薄く、優しく唇にあたる感触もたまんねーっラブ

一見、純米大吟醸が良さそうかしら?  でも


瞬間、やってみたい!
と思ったのが「古酒」

それも、純米系を燗にして


とりあえず今、自宅にあるお酒でコレ!と思ったのがこちら


ずいかん純米  昔造り


2012BY

杜氏が計測器を使わず
五感を頼りに造ったお酒です。


当店では
2年前(2017年)の秋に販売し、自宅用にもちゃっかりキープ!


蔵は完売して、もうありません(^^;


今でも十分美味しいけど、
まだ熟成させてもよかった!


なぜ三本!自宅用にキープしなかったか悔やまれます
(一本はとっくの昔に空けた)


燗にして、この器にいれると

滑らかに口の中に入ってきます。


お酒の輪郭、古酒の複雑な旨味の特徴がそれぞれクッキリと浮かび上がります。


同じお酒の燗を、こちらの丹波焼きの釉薬のかかっていない器で頂くと





口当たりが柔らかくなり、クリアさは無く、丸ぁ~るくまとまり優しくなった味わい。


「どちらが良いとか好き」よりも


それぞれに違ってオモシロイ!!爆笑爆笑


また、こちらの薩摩切子は
「にごり酒」を飲みたい!と思ったけど


今回の器では、にごり酒はピンとこない。


正解があるわけではなく



思いっきり予想が外れ、「アカンがな~」と  なることもあるし(笑)(笑)


その日の気分、体調、様々な条件でも好き嫌いは変わってくるでしょう。



ただ、ただ、楽しむ❗


そうやって日本酒ライフを楽しむのが好きなんです。


ちなみに、私の日常使いはこちら

宮島焼きの干支シリーズ
お気に入りはウサギ年に頂いたもの。
理由は一番大きいから(笑)


毎日、器にこだわって飲むことはしておりません!


時々に


自分の直感と五感で


日本酒を楽しんでいます。


皆様はどんな楽しみ方をされていらっしゃいますか?♪♪


もう一つ閃いたのが、

頂き物の、自家製さくらんぼ酒(佐藤錦だぜ!)ストレートを、チビチビ飲むのも旨いわ~

ありがとね~♪