ニューボイシャキ R / 安城市 ■ カレー遠征・愛知 [10] 安城アルジュムア活動(3) | ☆やみちゃんの富山食べ歩き☆

☆やみちゃんの富山食べ歩き☆

カレー探偵 やみちゃんが、富山県を中心に全国各地のカレーを食べまくり!レビューしまくる!


テーマ:

 

カレー探偵、やみちゃんです。

突然ですが、

カレー遠征2016初夏・愛知編(江南・稲沢・名古屋・岡崎・安城)

と題して1泊2日のカレー遠征(※)をしてきました。

(※主としてカレーを目的として旅をすること)

移動距離 600km。

全11回ビッグボリュームで随筆更新していきますので最後までよろしくたのんますちゃ!

★愛知遠征2016(もくじ)
http://ameblo.jp/yamikomon/entry-12167244582.html


今回は第10回目です。



<或る日のボイシャキ2>

・外観

 

ニュー・ボイシャキ・レストラン
(愛知県安城市東栄町1-5-1)

 

前回に引き続き3部作で執筆しています。
 
新安城モスクの近くにあるハラールレストランの3つめにして、比較的日本人客にも利用されている店です。

 

店の駐車場は無く、コインパーキングを利用します。

 

 

・店内風景

 

1階がレストラン。

奥に長い構造。

 

日本人客やヒジャブ女子が利用中。

 

螺旋階段をのぼって2階をのぞくとハラール食材(スパイス、豆など)を販売していました。

 

 

・セットメニュー

 

カレーの単品が600円から800円程度。

安価かつ、いろいろな種類がありました。

 

主力商品はやはり壁に貼ってあるランチセットですかね。

 

 

・ナン

 

ナンが豊富です。

 

やみ「ロティやチャパティはありますか?」

 

バングラデシュ出身だという総料理長のおじさんに訊いてみると、ロティならあるとのこと。

 

なんだ、あるんじゃん♪

 

ついでに【日替わりのスペシャルな料理】はないのか訊いてみると、

普通に日替わり枠は「チキン、マトン、チャナ」の3種とのことでした。

 

特に珍しくはないラインナップです。

 

そこで、

 

やみ「ダールゴーシュはできますか? できればチャナダル以外のダル使用で。

 あと、塩を少なめにしてほしいんですが」

 

 

解説しよう!

これを「やみ振り」といいます。

 

スタッフおよびシェフに余裕があるタイミング(=混んでいない時間帯、空いているとき)で、(メニューに無くとも)自分の好みを伝えてみることを云います。

 

(注)断られたら素直にあきらめましょう。

 

決して「他店では出来たのに」とか、「あの人はしてもらってたのに」という言葉を発してはいけません。

それはダメダメ行為です。

 

今回、チャナダルだともっさりして私的に好みではないのでチャナダル以外を要望しました。

 

また、近隣の「マディナ」で食べたバングラデシュ出身シェフの料理が塩強めだったので、前もって塩を少なく要望しました。

(※これを【転ばぬ先のやみ】といいます)

 

今回のお店では私の要望を快く了承してくださいました。

感謝です。

 

 

・パパド

 

まずはセットのパパドから。

塩が強いです。

(※チャットマサラかけすぎ)

 

 

・探偵の食卓

 

やがて全部が揃いました。

豪華ですね。

 

順に見ていきましょう。

 

 

・DAAL GHOST

 

やみ振りした「ダールゴーシュ」の”塩ひかえめ”です。

 

油が少なめでボテッとした仕上がりですね。

ダニヤリーフ、フライドオニオントッピング。

私好みです。

 

結果的にはチャナダルも含まれたミックスダルでしたが、マスールダルの比率が高めでした。

 

ただし、、

やっぱり(それでも)塩が強めでしたわ。。とほほ。

 

どんだけ塩が好きなのさ?状態。

 

平成の今をいきる日本人の私には、この塩の強さは受け入れがたく。

このあたりをクリアしないと日本人客は増えないと思われます。

 

 

 

マトンは骨なし2センチブロック。
やや弾力あり。

 

 

・BIRYANI

 

ビリヤニはシンプルでした。

 

 

・CHICKEN TIKKA

 

チキンティッカはでかい!

しかも2P。
But、、チャットマサラかけすぎ塩辛い。ぶわっ。

 

 

・ROTI

 

ロティは、ありまぁ~す!

 

私はいつだって全粒粉ロティ派。

そしてチャパティ派なんです。

 

ギーたっぷりの”テカテカロティ”だったのは残念です。

(※ギー塗らないで、とは事前に伝えてありましたが。。にゃはは)

 

店には存在するのに、メニューにも載ってないし客にも出していないのはおかしいと思いませんか?

 

これは店の中の人が「日本人はどうせ食べないだろう」と誤解していることが原因です。

 

そういう誤解は射水スタン(=富山県射水市周辺)ではなくなりました。

 

安城のカレー市民にも奮い立ってほしいところ。。

 

 

 

バングラデシュ出身の総料理長は、日本語がペラペラでなんでも気さくに話せる、感じのよい方でした。

 

きっといろんな要望に応じてくれると思いますね。

要予約でガチなバングラデシュ料理なども作ってくれるはずです。

 

 

 

店の外に、ニャンコさん発見。

 

安城をあとにしました。

 

(第11回につづく)

 

***

ニュー・ボイシャキ・レストランインドカレー / 新安城駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

***

 

やみ「次のカレー活動は、あなたの街のあの店です」

 

※ブログの人気ランキング参加中です。  

記事が参考になりましたらポチッとお願いします。

          ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ にほんブログ村

     

カレー探偵 やみちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス