「開成官僚」VS.「麻布官僚」? | 中学受験の小箱 by 元私立中学教師 yamesen

中学受験の小箱 by 元私立中学教師 yamesen

塾とは別の角度から学校選択のヒントを書いています。


テーマ:
 東大卒が当たり前の世界では、高校歴で差別化をはかれます、という記事です。前川喜平氏が麻布高校出身だというところから書かれたわけでしょう。

霞が関で「開成官僚」VS.「麻布官僚」大戦争が勃発中
 この文章を書いた人は麻布に肩入れしているようです。

 開成出身の同業者の集まりというのが確かに多くあります。
 開成の同窓会では教師が「弁護士集まれ! 」「医者集まれ! 」というとわらわらと塊ができると開成出身の教員に聞きました。「教師集まれ! 」という号令はかからないそうです。

 もともと、一定の学力に恵まれている場合、中学に入る時点で開成を選ぶか麻布を選ぶかについては、そんなに迷わないでしょう。

 故宮沢喜一氏などは私の抱いている武蔵というイメージとぴったりでした。
 
 開成出身者にしても麻布出身者にしても東大か医学部に行かないと負け、のようにご自分で考えてしまうのは気の毒です。

 難関大学に入りやすくなると、大学歴より高校歴が話題になります。大規模な大学より高校の方が連帯感を持ちやすいというのもあるでしょう。

 私も困った時に、様々な人に助けてもらいました。出身大学では知人に限られましたが、出身高校では同窓というだけでたくさんの人に手を差し伸べていただきました。
 これはその学校が伝統的に大切にしている教育のあり方と大きく関わるのでしょう。社会に出た後に、同じ高校というだけで、人とのつながりが広がっていったことには感銘を受けました。

 大学についての話題は多く、学部の再編も盛んなのであまり自分に引きつけて考えにくいものです。高校の話題だと数も少ない分、注目しやすくなります。
 だから週刊誌の高校別大学合格者特集号が売れるわけです。
 日比谷高校と星陵会の関係を知った時は「さすが日比谷」と感じ入りました。
 公立中高一貫校も元は難関高校ばかりという印象です。

 私が就職したばかりの頃、女性教師の大半がお茶の水女子大の卒業生でした(ちなみに男性教師の大半は國學院大学)。就職してすぐに「え? お茶大じゃないの? 」と大きな声で言われてびっくりしました。その上、自分たちだけでこっそりと「お茶会」という集まりをしていました。仲間に入らずに済んでホッとしましたが、ちょっと怖かった。

 その学校は、お茶の水にも、國學院にも、ルートがありました。また、これらの大学の卒業生は教員になる人が多いから、誇りがあるのでしょうか。

 以下は國學院大卒の同僚の3人のエピソードです。
 飲み会の席で國學院卒の同僚から「お前、俺のことバカにしてるだろ! 」と頭を小突かれました。お茶大卒の人も小突かれていました。そういう態度は残念です。
 高校時代に実力テストで上位になった時に名前が出た、とラインマーカーを引いた年代物の学校だよりを見せてもらった時には「はあ」という感じでした。
 生徒が出身大学を聞いても、絶対教えない人もいました。

 生徒が○○大学に合格したと大騒ぎするのに(卒業式で読み上げます! )、生徒が先生の出身大学調べをしようとしたら、激怒した教頭もいました。

 雑誌の校長インタビューで「教員募集をすると東大の学生も応募してくる」と自慢していました。「いまは他の私学も同じだと思いますよ、東大卒の先生たちすぐ辞めてしまいましたね」と感じました。ピントのずれた発言が心に刻まれました。

 全部一覧表にしていた中高もありますが、それもどんなものでしょうか。

 話を元に戻します。事情通のベテラン教員(お茶大卒)が前校長を「W大学を落ちたから、K大学に進んだ」とか、現校長を「その年から推薦入試が始まったから、ラッキーで入れた」とか、いろいろ教えてくれました。情報網に驚きます。

 こういうことを考えると、開成・麻布経由東大卒官僚の関係は断然成熟したものに感じられます。

 中高選びの基準として大学合格実績が重視されますが、どの高校を卒業することになるのか、ということも案外大事なことと考えています。伝統校の場合は、多少偏差値が推移しただけでは、学校のムードはあまり変わりにくいこともあります。

 関連記事です。

高等学校歴

yamesenさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス