最近は指導方法うんぬんとか

責任の所在がうんぬんとかの

ニュースが多いですね。

 

確かに指導方法は大切です。

何もスポーツだけじゃないですよね。

仕事だってそうです。

 

指導方法が曖昧だったり

明確ではなく、遠回りに伝えて
『どういう意味だか解ってるよな』

的なプレッシャーをかけるのは

指導でも何でもない。

プレッシャーをかけるというのは

『正しいか正しくないか自信が無い』

もしくは

『責任とりたくないから、何かったら
お前の所為にする』

と言っているのと同じです。

 

そして、マズい事になったり
責任問題になったりすると
トカゲの尻尾切で

『そんな事言ってない』

とか

『そんな意味で言ったんじゃない』

とか

簡単に言い出すんですよ。

 

あなたも一度くらいどこかで

言われた事があるのでは?

 

現在は、その話題がスポーツで

持ち上がっていますが、こういった事は

 社会 でも昔からありますよね?

 

それが、近年になって、

個々人の意思や思考力が高まって、

問題が露出するようになってきました。

 

それで『パワハラ』といった単語が

出始めて来たと思うんですよ。

『パワハラ』をする人の根底には

こういった自己保身の精神が

あるからだと思うんでよね。

 

自己保身の精神を持った人が

出世しちゃうと、責任を取りたくないけど

権力を掌握したいから、責任は

他人に転嫁しちゃう。

 

もしくは、曖昧な指導しかされて

来なかったから、自身も

曖昧な指導をしちゃうとか。

 

不幸ネタに乗っかる訳でもないですが

ニュースで賑わっている事に対しては

不幸な目で見るのではなく

教訓として活かしていかなければ

ならないと思うんですよ。

 

誰にでも必ずこういった事が起きる

可能性もあれば、逆にこういった事を

言ってしまう可能性も有る訳ですから。

 

あなたはどう思いますか?

 

 

LINE@始めてます。

話は変わりますが、そろそろ
梅雨入りですね。

友だち追加

 

 

 

また明日。。。