おやぢ☆の徒然

おやぢ☆の徒然

何処にでもいる、普通のおやぢが日々感じた事を拙い言葉でつづっています。



コメントをいただけると嬉しいです。

 以前から大腸にポリープがあり、医者からもいずれは取らなきゃねと言われていて、早3年。先日のことやっと除去してきました。

 いつもの通り、大量の下剤で大腸を綺麗にしてからの検査、施術となりました。

 いざ、内視鏡を入れてポリープのある所までカメラを進めてもなぜか見つからず、ポリープの位置を看護師さんに確認して、カメラをグリグリと動かしてやっとのこと見つけて除去。処置をしてカメラを抜きながら、目視で検査しているとここにもあるねと一言。さらに「これまもしかしたらがんかも」と不穏なこと…。その場で大きく切除して終了後、完全に取れたから大丈夫ですよと先生から一言。かなり不安になりながらも帰ってきました。来月の結果を聞くのが怖いですね。でも、今までの血液検査で腫瘍マーカーの値がずっと低い値できてたので大丈夫かと思います。

 

 今日は、胃カメラによる検査を受けてきました。

 胃カメラを経験した方の話だとかなり苦しいと聞いていましたが、 以前、入院中に一度だけ胃カメラ検査を行った時は喉の麻酔で寝てしまいまったく気づかずに苦しまず終わっていました。

 しかし、今回は喉の麻酔で寝ることもなく、カメラが喉を直撃…

 かなりオェッとなりながらもそのまま続行。喉に物が詰まっている気持ち悪さとカメラを動かす違和感で、非常に苦しかったです。

 これなら、下剤の煩わしさを考えなければ大腸の内視鏡検査の方がまだ楽です。

 結果は、来週聞きに行きます。何もなければいいのですが

 

 ちょうど、3年前の今日、緊急入院しました。

 原因は以前にも書き記していますので省略しますが、振り返ってみてもラッキーだったとしか思えません。

 今は、経過観察中で特に治療も無く、検査も3カ月から半年に代わり、毎日、忙しく日々を過ごしています。

 でも、未だに抗がん剤の副作用なのか、手足の痺れがとれず、難儀しています。抗がん剤治療に際し、医者からも治療用パンフレットからも各種の副作用でると警告され、確かに幾つかの副作用が出ました。しかし、副作用がいつまで続くか誰も教えてくれませんでした。製薬会社のホームページにも無く、ネットで検索しても副作用が出るよとはありますが、いつまで続くよとはどこにもありません。

 私の状態はいつまで続くのでしょう。と愚痴ってみましたが、日常生活の中で多少難儀な部分もありますが、とりあえず生きて生活できているので良しとしなければならないでしょう。あと2年何事もなければ、一区切りがつくのではないでしょうか。

 そういえば、来月検査だ。忘れないようにしないと…。