母親との思い出、教えて!

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


実家は専業農家でしたので、
母は、いつも父と農作業をしていましたね。

ビニールハウスで、冬は
キュウリ🥒を、春はトマト🍅を作っていました。

 

トマトのアクで、手や爪は真っ茶色。

顔も常に日焼けして、そばかすだらけでした。

 

なので、普段はどっからどうみても

百姓のおばちゃんなのですが、、

 

父兄会とか、婦人会の旅行と言うと、

 

まずは美容院で頭を仕上げ、

結構高価な服を買って、嬉しそうに出かけていました。

 

私にも、何かある時には、

必ず、散髪屋さんで髪を整えて、

 

新しい洋服を買ってくれました。

秋祭りの前には、近くの洋裁が得意な親戚に連れて行かれ、

採寸して、わざわざ洋服を縫ってもらったりしてましたね。

 

日焼けでそばかすだらけの母は、

それゆえか?

高価な化粧品を使っていました。

昔からの母の友達がポーラ化粧品に勤めていて、

家まで来てくれるので、

いつもその方から化粧品を買っていました。

 

私が高校卒業して、看護学校に行く時も、

ポーラの化粧品を一揃い用意してくれました。

18歳の私には・・・ちょっと似つかわしくない化粧品でしたね💦

 

チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤

 

母は、私が保育所に入る前に、

 

送り迎えをするために、自動車免許を取りました。

でも、結局、母の運転に乗せてもらうことは、

 

今まで、ほとんどありませんでしたね。

 

でも、先日、免許を更新したそうです。

車はあまり乗りませんが、

バイクに乗りますからね。

 

田舎ですから、乗り物がないと病院に行くのも不便です。

タクシー券は何枚か支給されてはあるようですが。