9月11日(土)

 

午前中、家の用事を済ませて、またまたまた気比の松原へ。

秋っぽい空気一杯でも、まだ砂浜には海水浴に来ている家族が多く居た。

お気に入りの突堤にはたくさんの餌釣り師が入っていた。


 

 まずは一番人気の突堤根本でやってみる。
14時、エギング開始。

 

1投目、小さなアタリを取って掛ける。

 

早々にボウズ回避♪

 



 

もしかして爆釣しちゃうのか??

と思ったが暫く反応無し。

通常通りってとこかな(‘ω’)ノ



4本ある突堤の1本、一番不人気の場所が空いていたので、そこに入ってみる。

ここは、水深が浅く、海藻が少なく砂地が多い。


エギが底に着いたのを確認して大きくシャクリを入れたところで、ずっしり重みがロッドに乗った。

ん??根掛かりか?

 

ロッドを立てて止まってみると、何やら生命反応が伝わってくる。

なんだ?

 

とりあえず姿を確認するまでは・・・と慎重にロッドを操作しながら寄せる。

見えた姿はエイだった。


しっぽの付け根辺りにエギが掛かっていた。

 

ちょっと苦労しながらも釣り上げて記念撮影。






胴体の直径は約40cm。

小さいけどしっかり毒針が付いている。

恐ろしや~(´Д`)

 

過去にお魚さんらしきヒットは数回あるが、釣り上げたのは初めて。

それがエイだとは。。。

持って帰って食べてみようかな〜
恐らく、食べ頃サイズだと思うんだけどな〜
 

真剣に悩んだ結果、リリースして釣り再開。

 

 

暫くしてフリーフォール中のラインの動きに異変を感じアワセてみる。

ヒット!

 



不人気突堤でもアオリイカが居る場所は判った。

その周辺を丁寧に攻めてみる。

テンションフォール中にスーっと引くアタリがあり、アワセる。

 

ジーーーーー
良い感じでドラグが鳴る。
 

お♪これは良いサイズでは?

ジェット噴射の感覚がロッドに伝わってくる。

 

この引きは楽しい(^^♪

 

そして釣り上げたのは胴長16cmのアオリイカ。

えぇサイズだヽ(^o^)丿

 




時計を見ると15時半、タイムリミットまであと30分。

えぇサイズを釣って満足していたので、コウイカを狙ってみようっと。

ここ数年、実績のある場所にエギを投入。

 

シャクリを入れテンションフォール。

 

何かが触った感じがあり、アワセるが掛からず。

すぐさま小さいシャクリを入れ、フォールさせて暫く待つとアタリが来た!

アワセる。
ヒット!
 

イカだ!

さぁ、どっちだ??

 

見えたイカはコウイカ♪♪

やった!

 



 

難なくキャッチ。

 


少し早いけど終了。

 足元を見ると、エチゼンクラゲを発見。

 


写真で見たことあるのは茶色で汚らしいエチゼンクラゲ。
でもこいつは青っぽくて綺麗。
ゆらゆら揺れて流れていきました。


次の予定はティップランだが、台風でダメかなぁ、、、