人気ブログランキングに参加しています。

こちらをポチッ とお願い申し上げます。

 

さくらの花びらさんのブログよりの転載です。

https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35156624.html

 

 

----------------------
外国人労働者らの管理体制強化へ 雇用や婚姻など一元把握の案
今後増加が見込まれる外国人労働者などの管理体制の強化に向けて、法務省は、厚生労働省や市区町村と連携して雇用や婚姻などの状況を一元的に把握するための新たな対策案をまとめました。
 
政府は、深刻な人手不足の中、外国人労働者のさらなる受け入れに向け一定の技能を持った人を対象に原則として最長で5年の在留を可能とする新たな在留資格を創設する方向で検討を進めています。
 
こうした中、法務省は、今後増加が見込まれる外国人の管理体制を強化するため雇用や婚姻などの状況を一元的に把握する必要があるとして新たな対策案をまとめました。
 
それによりますと、就職や離職、転職などを把握するため、雇用保険を所管する厚生労働省との間で情報共有を促進する新たな枠組みを創設するほか、日本人と結婚した外国人が離婚したり配偶者が死亡したりした際に、市区町村などと連携して情報を取得できるよう必要な法整備を進めるとしています。
 
また、永住者に対し、永住許可後にも資格を取り消すことができる新たな仕組みを設ける一方で、在留期間中に問題のない外国人に対しては、在留資格の更新など各種の審査手続きを簡素化する方向で検討するとしています。
(平成30524 NHKニュース)
----------------------
 
外国人労働者を急増させる必要を感じない。これは安倍政権のいただけない方針の一つである。
 
本来、外国人を増やすなら、管理体制強化よりも、真っ先に「スパイ防止法」が必要である。
 
それでなくとも日本はスパイ天国とバカにされ、他国の工作員が跳梁跋扈している。その手先となるとウジャウジャいる。
 
これを無視して管理体制だけ強化しても効果はない。
 
「永住者に対し永住許可後にも資格を取り消すことができる新たな仕組みを設ける」のは当然である。
 
それと同時に特別永住者という不必要なものも廃止して、一般永住者だけにすべきである。
 
在日だけを特別永住者として優遇する理由は何もない。優遇するから余計つけ上がるのだ。
 
逆に、日本社会の根幹を揺るがしている問題の多くは特別永住者という在日によるものである。懲戒請求の弁護士もテレビ局のディレクターも報道関係、教員など、あらゆるところにウジャウジャいる。
 
日本にいる外国人でネックなのがシナ人、朝鮮人である。この民族だけを排除するだけで、日本の治安は平和を取り戻すことができる。
 
そう考えれば、日本国は日本人だけで充分なのである。
 
・・・・・

お読みいただき有難うございます。

最後に、こちらをポチッ とお願い申し上げます。

 

 

 

AD