支那EV車の宣伝媒体に成り下がったNHK。公平を謳うのなら日本企業も宣伝してやれよ。 | 何かおかしいよね、今の日本。

何かおかしいよね、今の日本。

右翼と呼びたきゃ、それも結構

人気ブログランキングに参加しています。
こちらをポチッ とお願い申し上げます。

 

ビジネス特集 50万円でクルマが買える? 中国EV市場で今、起きていること | 電気自動車 | NHKニュース

 

 

EV(電気自動車)が50万円で買えるとしたらあなたは買いますか?
中国のメーカーが去年発表した50万円を切る“超低価格”のEV。「価格破壊の波が来た」と世界最大の自動車市場、中国で今、衝撃が広がっている。
一方、これとは対照的に600万円からという価格帯でプレミアムブランドを目指し急成長を遂げている新興メーカーもある。
多くのEVメーカーがひしめき合い、“群雄割拠”と言われる中国のEV市場。激しい競争の中で注目を集める両極端なメーカーの実力、そしてその車はどのようなものなのだろうか。
(中国総局記者 伊賀亮人 広州支局記者 高島浩)

格安EVは“田舎町”で生まれた

まず取材したのは“超低価格”を売りに販売を急拡大するメーカーだ。

この会社が去年7月に中国で発売した格安の小型EV「宏光MINI EV」。最も安いグレードだと約48万円。どんなEVなのか、生産拠点に向かった。

中国南部、広西チワン族自治区柳州。人口は400万人、中国では規模が小さく、言ってみれば“田舎町”だ。

空港に降り立ち街へ向かうと、話題の格安EVがあちこちに止まっている。

販売台数は1年足らずで27万台を超えた。世界最大のEVメーカー、テスラを抑えて、中国で去年、EV販売でトップに立った。

試乗してみたら…

「まずは乗ってみてください」。
生産拠点の中にある走行試験場で担当者に促された。

アクセルを踏み込むと、EV独特の無音で、すーっと進む感覚、あっという間に時速60キロを超え、坂道もスムーズに登り切る。

若干がたつく感じもしたが、短時間なら許容範囲ではないか。

日本の軽自動車よりもひと回り小さく、最高速度は時速100キロほどだが、小回りがきき、狭い駐車スペースにも難なく止めることができた。

なぜこんなに安い?

「こんなに売れるとは想像してなかった」。

車を製造する「上汽通用五菱」(以下、五菱)のマーケティング担当者は年間で1万台を突破できればよいと考えていたと明かす。

想定外のヒットを生んだ「超低価格」は、どうやって実現したのか。設計担当者は「ユーザーのニーズを見極めて機能を思い切って絞り込んだ結果だ」と話す。

五菱が最初の小型EVを市場に投入したのは2017年。2人乗りで1回の充電で走行できる距離は150キロ余りと短く、当初から他のメーカーとの差別化を図るため、低価格路線だった。

政府の補助金を使えば、購入価格は60万円ほど。

しかし、政策変更で補助金の対象が走行距離の長いEVに絞り込まれ、補助金に頼らずに低価格を実現する必要に迫られた。

そこでむだをそぎ落としていくために力を入れたのが市場調査だ。

3000台の試乗車を無料で市民に提供し、9か月にわたって1日の走行距離や行き先などのデータを集めた。

その結果、通勤や子どもの送り迎え、日常の買い物といわゆる“街乗り”のための2台目の車のニーズが高いことがわかり、そのニーズを満たす機能に絞り込んで開発したのだ。

冷房なしにエアバッグも運転席のみ

車体価格の4割を占めるバッテリーは、国産の低価格品を採用。

最も安いグレードでは、走行距離を最大120キロに設定して搭載するバッテリーを少なくし、急速充電にも対応せず、冷房もない。

また、エアバッグは運転席のみとするなど、装備も安全基準を満たす必要最小限にした。

SNS“映え”も話題に

低価格に加え、人気を高めたのが“デコレーション戦略”だ。

車体や内装にアニメのキャラクターなどをデコレーションしたモデルをモーターショーに出展。すると、若い世代の間でコンパクトな車を思い思いに模様替えするのが“かわいい”とSNSで人気が広がった。

価格が安い分、デコレーションにもお金をかけられるという。

今や1日1200台の生産能力がある柳州の工場はフル稼働が続く。

4月に行われた世界最大規模の上海モーターショーでも、オープンカータイプのコンセプトカーがひときわ大きな注目を集めた。

来年の発売を目指し、低価格でも多様なニーズを取り込もうと、商品開発でもスピード感を見せる。

格安は“安かろう、悪かろう”?

ただ、EV市場の台風の目となっているメーカーも課題を抱えている。

五菱の去年の決算は最終利益が23億円。格安EVが“予想外”のヒットを記録したにもかかわらず、前の年の10分の1以下に減少した。

格安EVは利幅が薄く、利益には大きく貢献していないという。

EV以外に高級路線のSUV=多目的スポーツ車などの開発も進めているため、研究開発費もかさむ。利益を増やすには販売台数を伸ばしつつ、格安EV“1本足打法”にならないよう、ほかにも稼ぎ頭となるモデルも必要だ。

 

(以下略)

 

 

これは明らかな放送法違反でしょ?

 

みなさまのNHKじゃなく

 

支那さまのNHKです

 

いよいよ隠さなくなってきたか・・・

 

お読みくださり有難うございます。

最後に、こちらをポチッ とお願い申し上げます。