人権擁護する企業が擁護されない不気味な国 「ウイグルのトマト不使用」のカゴメが中国ECサイトで大 | 何かおかしいよね、今の日本。

何かおかしいよね、今の日本。

右翼と呼びたきゃ、それも結構

人気ブログランキングに参加しています。
こちらをポチッ とお願い申し上げます。

 

 

人権擁護する企業が擁護されない不気味な国 「ウイグルのトマト不使用」のカゴメが中国ECサイトで大炎上 (blogos.com)

 

食品メーカーのカゴメは中国・新疆ウイグル自治区で生産された加工品トマトの使用を今年中に停止すると発表した。同社はコストや品質に加えて「人権問題が判断材料のひとつになった」と説明したが、中国国内ではカゴメに対して猛反発が起きている。中国問題に詳しいノンフィクションライターの西谷格氏が現地の状況をレポートする。

 

 * * *

 この件が中国で報道されると、ネットユーザーたちは一斉にネガティブキャンペーンを開始した。中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」には、「もうカゴメの商品は買わない」などのコメントがあふれた。なかでも目立っているのは、大手ECサイト「淘宝(タオバオ)」のQ&Aコーナーの荒れようだ。

 淘宝は日本に置き換えるなら楽天やアマゾンに相当し、中国人の生活に欠かせないものになっている。Q&Aコーナーは、本来なら顧客が商品の仕様や使い勝手などを質問し、他のユーザーが回答する場だが、カゴメの野菜ジュースの商品ページ「日本?口kagome可果美混合果蔬汁野菜生活0脂肪番茄汁整合12盒 99元(=日本輸入 カゴメ野菜フルーツミックス野菜生活 無脂肪トマトジュース計12パック 99元)」を開くと、異様な書き込みであふれている。

Q「この日本企業はウイグル産トマトをボイコットすると宣言している」

A「じゃあもう買わない」

A「飲んじゃったものは、もう吐き出せないな」

A「日本はアメリカのポチになるのはやめて、中国と一緒に金儲けしたほうが良くないか」

 質問と回答ではなく、消費者へカゴメ不買を呼び掛ける場になっている。ほかにも、

Q「ウイグル産トマトを使用停止にしたのは、このメーカーですか?」

A「そうですよ」

A「まさにそうだ。ここ以外にカゴメという名の会社はない」

Q「ウイグルのトマト?」

A「前はよくカゴメを買っていたけど、もう買わない」

 など、ウイグルに関する質問が集中している。さらには、

Q「商品の原材料は広島の原爆? それとも福島のトマト? ウイグル産ではないんですよね?」

 という悪ふざけにしては度が過ぎるものまで。さすがにこの書き込みに対しては、

A「あなたは病気だ」

 と一蹴されていたものの、書き込みの多くはカゴメへの批判の声だ。多くの日本企業にとって中国市場は無視できない存在になっているが、そのリスクも十分に考慮したビジネスが必要になっている。

 

お読みくださり有難うございます。

最後に、こちらをポチッ とお願い申し上げます。