何かおかしいよね、今の日本。

右翼と呼びたきゃ、それも結構


テーマ:

人気ブログランキングに参加しています。
こちらをポチッ とお願い申し上げます。

 

 

立憲・福山氏「安倍政治、多様性に対する寛容さがない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000041-asahi-pol

 

 (安倍政治に足りないことは)一言で言えば、多様性に対する寛容さがないこと。それから議会を軽く見ている。(歴代の)自民党の総理や大臣はもう少し議会に対して丁寧な対応をしていた。野党も一定の国民の支持を得ているわけだから、それに対する謙虚さやある種の懐の深さがあったが、今の安倍政権にはそうしたところが見えない。それが非常に窮屈な、何か息苦しいような社会の雰囲気になっている。(立憲民主党は)少しおおらかにできるような社会をつくっていきたい。(3日放送のラジオ日本の番組で)

 

 

立憲民主 枝野氏「9条改正反対 改憲発議なら全会一致を」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171203/k10011245101000.html

 

立憲民主党の枝野代表は、長野市で記者会見し、安全保障関連法を前提にした憲法9条の改正には反対するとしたうえで、自民党などが国会で憲法改正を発議したいのであれば、全会一致になるよう努力すべきだという認識を示しました。

この中で立憲民主党の枝野代表は、憲法改正について、「現状の安保法制を前提に憲法9条を変えようとするならば徹底的に戦う。一方で、衆議院の解散権を制御するなど立憲主義を強化し、権力をしっかりと縛るという観点の改憲であれば、積極的に取り組みたい」と述べました。

そのうえで枝野氏は、「どうしても改正の発議をしたいのなら、国会で全会一致になるくらいの努力をすべきだ。その姿勢がない安倍政権は無責任だ」と述べました。

また枝野氏は、来年の通常国会での対応について、「参議院でも立憲民主党の旗のもとで国会論戦ができる状況をつくりたい。会派を組んで臨めたほうが、国民の期待に政治全体としても応えられるのではないか」と述べました。

 

 

党の№1と№2で言っていることが真逆です

 

多様性に不肝要なダブルスタンダードを浮き彫りにしています

 

「多様性」という言葉で思い浮かぶのは舫さんですが

 

やっぱりこいつ等は政権を叩くためなら

 

どんな嘘でも平気でつくDNAは民主党時代から何も変わっていません

 

どんなに名前が変わってもどんなに分裂しようとも

 

結局根っこは一緒なのです

 

そう「売国民主党」なのです

 

お読み頂き有難うございます。

最後に、こちらをポチッ とお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(7)

大和草さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。