アムリタ"熟" 第3期生のSahasaです。


2018年6月から通い始めたアムリタ熟は私にとって、

今までの自分を丸っと受け止めた上で

一歩踏み出す勇気を後押ししてくれて、

これからの自分に希望を見出すことができた、


そんな宝物🎁のような時間であったし、

今もアムリタ熟生であることを誇りに思っています。


塾ではない"熟"  


そこがまた素晴らしくあり、


before熟の私は、この日本という国で生きていて

年を重ねていくごとに

ある種のあきらめや、生きづらさ、

なんともいえない、やるせなさを感じることが多くなったように思っていました。


10代20代の頃は、

身体も元気でバイタリティに溢れ、オールナイトで遊んでも翌日は学校や会社に行けていました!が、

それが徐々に…無理が出来なくなり

職場ではお局様と呼ばれるポジションになって、責任ばかり重くなり…

両親ともに他界して、一人ボッチになってしまった私は…


これから先、いったいどうすれば良いんだろう?と途方に暮れていたのです、が


塾ではない"熟" を経て 


after熟の私は、積み重ねる時間や経験が、

自分を熟成させ、よい具合に美味しくなっていける!と捉えるなら

年を重ねることが、こんな素敵なことはない!と思えるようになりました




もともと人前に出る事が苦手で、

自分の写真も嫌い、

顔を写してライブ配信なんて、とんでもない!と思っていた私ですが、

『アムリタ熟』は、自分の幅を広げたくて参加を決意し


勇気をもってジャンプinしてみたら

今まで引っかかっていた、幼い頃の自分の記憶を呼び覚まして、抱きしめる事ができ

人形のようだと言われる事が多かった私が、感情を出せるようになり

以前よりはるかに正直に、自分を表す事を楽しめるようになっていました。


そして、アムリタ熟に通い始める前に

ハワイ島でのリトリートに参加した私は

金欠で…口座残高は0いや…マイナス

そんな中でのジャンプ!は

お金問題へのChallengeでもありましたー


写真はアムリタ熟がはじまった頃

湘南の海にて友人がとってくれたもの 

知り合いのBabyを抱っこして、上から光が!

蝶も飛んでいて、変容のサイン

(写真は一切加工してませぬ)