厄除け祈願の相談と厄除けとは一体何か

テーマ:

みなさま、こんにちは!

神道大教大和八幡神社やまとこばちです餅

 

先日、男性からお電話で相談を受けました。

職場の女性から厄除け祈願を受けるべきだ、と言われているけども、

受けるべきでしょうか?、と相談されました。

 

なんとなくニュアンスから「気にはなるけど受けたくない」という気持ちが読み取れました。

お年を聞くと前厄だそうです。

 

そこで、今年一年は厄除けで有名な神社仏閣に参拝されて、

その間にどこで御祈願をお受けになるか考えてはいかがですか、

とお話ししました。

 

体だけ神様に向いた状態よりも、

心と体が神様に向いたときに御祈願して下さい、と付け加えました。

 

 

みなさまにも似たような経験があるのではないでしょうか?

厄除け祈願が終わった後、このような話を聞くことが多いです。

 

 

私は、回りからは言われませんでしたが、

厄年だから厄除け祈願をした方が無難かな?

厄年だから、なにか嫌なことがあるのかな?と不安になりました。

そこで、お世話になっている先生にどうしたらよいのか質問しました。

 

「あなたは神社に奉仕しているのだから、日々が厄除けですよ」と

そんなようなことを言われた記憶があります。

「そうなんだ。別に受けなくていいんだ」と安心しました。

そういうこともあって、私は別に受けなくてよい、と思っています。

 

 

そもそも「厄年になったら厄除け祈願を受けなくてはいけない」

という思想はどこから来たんでしょうか?

これって、神社仏閣の宣伝のせいなのでしょうかね?

 

 

日本各地に伝えられている厄除けの伝統では、

小豆ご飯や、お餅、お菓子、お金などをどこかに置いてきたり、

撒いたり、配ったりしたそうです。

 

「祓う」の現在の漢字は「払う」ですから、

お金を平常以上に使うことに意味があるようです。

 

新谷尚紀先生はこれを「厄払いの贈与」と呼んでいます。

通常の贈与ではもらった側に恩ができ、あげた側が優位となり上下関係ができます。

しかし、厄払いの贈与は上下関係はできません。

あげた側は財産がなくなって、無くなった分災厄がなくなります。

自分が清められ、浄化されるというシステムだそうです。

 

お賽銭も同じ原理だと考えられており、

だから、お賽銭というのは投げるものだと書いてありました。

 

神道だとお賽銭はもともとは稲穂で神様への感謝の印だったといいますが、

神道と民俗伝承学って違っていて面白いですよね。

 

 

以前にも書きましたように厄年は自分を特に労る年だと思っています。

厄除け祈願をしたい、神様に向きあいたいと思うのも、

自分を労ることの一つだと思って頂ければよろしいのではないでしょうか。

 

でも、もしもよかったら当社での厄除け開運祈願をご検討下さいねウインクピンク音符

 

 

こちらの新谷尚紀著「日本人の縁起担ぎと厄払い」を参考にしました。

定価が5703円となっていますが、730円と税です。

 

 

 

 

大和八幡神社の御祈願は・・・こちら

あなたのお願いを神様にお伝えします。
御祈願・御祈祷は単なる神頼みではありません。
神様から「安心感」を頂くことによって、
あなたの「今」に小さな変化が訪れるかもしれません。

 

 

 

唐櫃の手入れと重要な気づき

テーマ:

みなさま、こんにちは!

神道大教大和八幡神社やまとこばちですもやもや

 

風邪を引いて一週間です。

声がでずらくなりました。

なので、電話対応は声が治るまで、1,2日は休ませてもらおうと思います。

ご用の際は遠慮無くFAXくださいね。

メールよりもFAXの方が、私は対応が早いですよ。

 

 

さて、地鎮祭で使用している唐櫃の手入れをしました。

こちらに切り麻、五色の紙、お米をいれて「切麻散米」で使用しています。

切麻散米について・・・・地鎮祭の流れについて5.切麻散米

 

唐櫃と一般的に書きますが、辛櫃でも韓櫃でもかまいません。

 

先代は、「辛櫃」と書いていました。

先代に「間違ってない?おかしくない?」って言いましたが、

間違っていてのは私の方でしたよあせる

 

こういうことありますよね?

知らないで一般的なイメージで相手の知識や意見やを否定してしまうことってありませんか?

子供や若い時期、あと柔軟性がなくなってくると、人を傷つけてしまいますよね。

「謙虚」はへりくだることではなくて、

知らないことを知っている、自覚していることなんではないでしょうか。

 

さてさて、

唐櫃は幣帛、神饌、装束、神宝などを納めますので、

サイズは二人で担ぐサイズから手のひらサイズまであります。

前後の面に各2本、側面に1本で合計6本の脚がついた箱です。

一般的には檜の素木で作られますが、漆塗りや螺鈿蒔絵で作られることもあります。

素木には白い紐、漆塗りには赤い紐で結びます。

 

神道大教の祭式行事作法教範をみますと、

各脚の上部に穴があるが、各一条前後の穴に横にまっすぐに通してから、

左右の脚の穴をやり違いに通し、余る緒の端を引き上げて

担い棒を両方で諸鉤に括り付ける、

とあります。

 

 

こんな感じでしょうか。

手のひらサイズの唐櫃ですので、担い棒は箸で代用させて頂きました。

諸鉤はトンボ結び、ちょうちょ結び、リボン結びのことです。

(私はちょうちょ結びといいますが、みなさんはなんて言いますか?)

 

 

実はですね、私はこんな結び方をしていません。

担い棒がない場合、側面の脚でちょうちょ結びとなります。

 

 

一般的なイメージでは、結び目が正面にきますので、

この場合は、結び目が側面にあり、正面は紐が1本通っただけの寂しい印象となります。

 

 

先代は、正面で叶結びをしていました。

なぜ叶結びなのかは聞いていませんが、たぶんネーミングだと思います。

 

叶結びは、結び目の表が十文字で裏が口になる結び方です。

なので、この結びは縁起の良い結び方なんですよルンルン

神様とあなたのご縁が結ばれ、願いが叶うようにという想いがあるのだと思います。

まぁ、ここの言い方は文章の上手い人に任せましょう爆  笑

 

 

 

せっかく手入れをしたので、私は更にあげまき結びを加え、

表面と裏面のダブルで縁起の良い結び方にしましたよ。

 

紐も教範だと素木では白色となっていますが、

地鎮祭はお目出度いイメージなので白よりも赤色を使用していますよ。

(なんだか、イメージに大分支配されている気がしますね・・・)

 

紙やすりで唐櫃を磨きました。新品の美しさはありませんが、綺麗になりましたキラキラ

 

 

神道で素木が多く使用されるのは、磨くことによって再生できるからではないでしょうか。

 

天照大神が天岩屋戸にお隠りになり、世界は闇となりました。

神々の努力によって天岩屋戸が開かれ、世界はまた光があふれ出しました。

 

私たちも罪穢れによってくもっていきますが、お祓いによって浄化されます。

 

確かに、新品のような美しさを取り戻すことは出来ませんでしたが、

素木の美しさ、良さは取り戻していると思います。

 

手入れで、おもわず感動してしまいました。

「お手入れ」って大事ですね。

みなさんも、持ち物だけでなく自身もお手入れして自分の体を労って下さいね。

 

 

大和八幡神社の外祭は3つの安心で出来ています。

1.説明が分かりやすくて、安心。
2.手ぶらで行けばいいから、安心。
3.女性神職だから、安心。

八千代市近郊の地鎮祭、入居清め祓い、竣工祭など承っております。
心機一転、開運、断捨離など、お部屋をスッキリとしたい方の

御祈願・御祈祷も承っております。

大和八幡神社の外祭は・・・こちら

 

 

 

 

 

1月14日から21日までの予定

テーマ:

みなさま、こんばんは!

神道大教大和八幡神社やまとこばちですニコニコ

 

新成人のみなさま、おめでとうございます。

もしもよかったら、あなたのお住まいの近くの神社さんに

成人を迎えた報告をしてくださいね。

 

私は成人式には出ていません。出ればよかったなぁと思います。

私は地味なスーツしか用意できなかったので、

みんなと違うことに引け目を感じたし、

それで行け、という親に反抗して行きませんでしたよ。

 

子供の頃や若い頃は、お金が無いことは不幸だと思っていましたが、

今はお金がないのは不便だ、というくらいです。

 

成人すると自分で稼いで自分で自由に使うことができます。

お金をいくら稼いでいるか、が優劣をつけるという勘違いも出てきます。

いくら稼ぐかよりも、どのように稼ぐか、どんな気持ちで稼ぐか、

そちらに重点をおいてほしいと思います。

 

また、どのようにお金を使うかも注意して欲しいと思います。

自分一人で楽しむ遣い方はストレス発散にもなり楽しいですが、

たまには身近な人と一緒に楽しめる使い方を考えてみて下さいね。

 

さて、今週の予定です。

 

1月14日から1月21日までの予定 1月14日・・・・外祭のため一日外出します
1月15日・・・・本局で雅楽の練習のため三時頃に終業します
1月16日・・・・休み
1月17日・・・・特になし
1月18日・・・・特になし
1月19日・・・・特になし
1月20日・・・・特になし
1月21日・・・・本局、大教院の月次祭のため休みます

 

今週の予定はこんな感じです。


支払いや買い物などで出かける場合がありますので、
留守番電話、FAX、メールもご利用ください。
留守番電話のメッセージを外出によって、なんとなく使い分けています。

 

留守番電話のメッセージについて・・・・こちら


もし、ご用の際はご予約頂いた方が、すれ違いがなくスムーズかと存じます。

 

大和八幡神社の御参拝は・・・こちら
参拝時間 9:00~17:00
電話受付 8:30~17:30
定休日  水曜日 21日 他

ゆっくりと御神前でお祈り下さい。 
恐れ入りますが、所用にて外出している場合がございます。

 

みなさま、こんにちは!

神道大教大和八幡神社やまとこばちですニコニコ

 

今日は一段と寒くなりましたね。手が冷えます。

12月に電気ストーブを買いました。

軽いし、けっこう温かいので、あちこちに持って行って使用しています。

最近の一番よい買い物だと思っています。

 

前回の数え年の時に、ちらっと厄年のお話しをしました。

 

厄年以外にも年男、年女という言い方があります。

それと似た言葉では福男、福女というのもありますね。

なにか特別な年だという感じがあります。

 

厄年とは、世間一般では、体調変化が起こりやすい年頃で、

社会的にも出世したり、忙しくなる時期だと言われています。

 

厄年は長い歴史の中で人々の知恵から考えられた言葉ではないかと思います。

東洋医学では男性は8歳、女性は7歳で体が変わると考えられています。

そう考えると男性25歳、42歳、女性は19歳、33歳というのは

納得できますよね。

 

また、神社で重要な神事に奉仕するために物忌みの、

身を清浄に保つ年頃であったことから

厄年という考えが生まれたと言われています。

 

こうやって考えると厄=災いではないということがわかります。

「罪・穢れ」と同様に、漢字だけをみると何か不吉ですごく嫌なことを想像したり、

きちんと生きていると思っている人には、

なぜ自分が罪を作っているのか不快な気持ちになるのではないでしょうか。

 

厄年の方は不安に思う必要はありません。

何か重要な役を頂けかもしれない年であり、健康に気遣う年です。

ですので、積極的にしたいことをして、その分自分を労る年だと考えてはいかがですか?

そして、回りの支えに感謝し、また自身も回りに協力して、

見えない力も借りて、大きく飛躍する年であると思えば、

厄年だからと言って不安になることはありませんよ。

 

厄除け開運祈願を受けて頂けたら嬉しいですが、

厄年だから厄除け祈願を受けないと、

不幸が起きるという考えは、私は好きではありません。

 

確かに不幸が起きたら「厄年だから」という理由があった方が、

不安なりに安心できるかもしれませんが、本当の理由は神様しかわかりません。

それよりも、日々を大切にお過ごし下さい。

 

今一番のお気に入りの電気ストーブです。

 

大和八幡神社の御参拝は・・・こちら
参拝時間 9:00~17:00
電話受付 8:30~17:30
定休日  水曜日 21日 他

ゆっくりと御神前でお祈り下さい。
恐れ入りますが、所用にて外出している場合がございます。

 

 

みなさま、こんにちは!

神道大教大和八幡神社やまとこばちですニコニコ雪の結晶

 

みなさまは今年一年といえば、いつからいつまでをイメージしますか?

元旦から大晦日までですか?

お誕生日から次の誕生日の前日ですか?

それとも、決算期の一年ですか?

 

 

当社ではこの時期が、一番多く厄除け開運祈願のご予約を頂きます。

「今年一年、無事に過ごせるように」と願う一年は、

元旦から大晦日までの感覚が一番多いのではないでしょうか。

 

この今年一年と言う感覚は、自分の年齢にまで影響しています。

なので、新しい年が来て年を重ねると、自分の年齢も一歳年を重ねました。

 

おかしな感覚ですが、何月に生まれても、みんな同じ年齢でした。

これが数え年になります。

 

今でいうと、学年がそれに近い感じでしょうかね?

人生大学は生まれた時にみんな入学して1年生(1歳)です。

学期は元旦から大晦日まであります。

入学する日はみんなバラバラですが、学年が繰り上がるのは元旦です。

そして、卒業する日はみんなバラバラです。

平成元年生まれの平成元年クラスは31年生(31歳)となります。

 

これに対して、満年齢というのがあります。

私たちが慣れ親しんでいる年齢の数え方です。

何か書類に書くときに、書く年齢で、

たまにご丁寧に「満年齢」と書かれていますが、

「今、おいくつですか?」と聞かれた時に答える年齢です。

これは、誕生日を基点に考えられています。

 

「今年何歳になるの?」と聞かれたときは、通常1を足して答えます。

これは満年齢の延長の考え方になります。

 

Aさん「今、おいくつですか?」

私「永遠の24歳ですキラキラ

Aさん「正直にいうと、今おいくつですか?」

私「41歳です」

Aさん「今年はいくつですか?」

私「42歳です」

Aさん「数え年だといくつですか?」

私「43歳です・・・」

 

こんな感じになります。

現時点は、満年齢と数え年では2歳違います。

基点が元旦か誕生日か、

生まれたときが0歳か1歳かで、2歳ずれが生じます。

 

数え年が日常で関わってくるのは、厄除け開運祈願や七五三ではないでしょうか?

 

御祈願を受けようと思った日が誕生日前であれば、

今の年(今おいくつですか?のお年)に2を足して下さい。

誕生日以後であれば、1を足してください。

そうすれば、数え年になります。

 

「で、結局どうやって判断するの?」と思われますよね?

 

 

厄年は女性は19歳、33歳、37歳、男性は25歳、42歳と言われています。

 

つまり、現時点で誕生日を迎えていない人ならば、

女性は17歳、31歳と35歳、男性は23歳、40歳になります。

誕生日を迎えられていたら、

女性は18歳、32歳、36歳、男性は24歳、41歳となります。

 

 

 

お正月にご予約を頂いた人に数え年の質問を頂きました。

その時、上手く説明できずに申し訳ございませんでした。

 

なんとなく分かって頂けたでしょうか?

 

 

 

 

大和八幡神社の御祈願は・・・こちら

あなたのお願いを神様にお伝えします。
御祈願・御祈祷は単なる神頼みではありません。
神様から「安心感」を頂くことによって、
あなたの「今」に小さな変化が訪れるかもしれません。