2007-03-08 23:15:00

反日記事が多いのは、過渡期である証拠。負けるな日本!

テーマ:政治
2007-03-08
「河野談話」見直すな 首相「慰安婦」発言 市民団体が抗議

 「従軍慰安婦」問題で“強制はなかった”と安倍晋三首相が述べた問題に抗議し、日本軍「慰安婦」問題行動ネットワークが七日、国会前で抗議行動を行いました。約七十人の市民が参加しました。韓国の元「慰安婦」たちが、毎週水曜日に同問題の解決を求めて行っている「水曜デモ」に連帯して行ったものです。


 安倍首相は、「慰安婦」を集める際に「官憲による強制連行があったことを証明する証言はない」(五日)などと発言し、国内外から非難を浴びています。同発言は、旧日本軍の関与と強制を認めた河野洋平官房長官談話(一九九三年)を事実上、否定することにつながる重大発言です。


 あいさつに駆けつけた日本共産党の吉川春子参院議員は、首相発言に対し、「私がこの耳で聞いただけでも、暴力的に拉致されたことを示す証言は無数にある。なのに首相は、被害者の声を一人も聞かずに証拠を挙げろという。これが、侵略戦争の責任を果たさなければならない日本の首相にふさわしい行為なのか」と糾弾。「日本共産党は、この問題をあくまで追及し、女性の人権を守り、再び戦争によってこういうことが起きないよう憲法九条を守るため全力を挙げる」と決意を表明しました。


 行動の中で「慰安婦」問題に取り組む韓国の市民団体・韓国挺身隊問題対策協議会からの「韓国の市民たち、日本の良識ある市民、世界の多くの人たちが声を一つに叫んでいこう」というメッセージが紹介されると、拍手がわきました。


 参加者は、「河野談話」の見直しの動きに反対し、被害者が求める真の解決を講じるよう要求するアピールを採択。吉川議員のほか、民主党の岡崎トミ子参院議員、社民党の福島瑞穂党首があいさつしました。


天皇陛下は謝罪を

 【ロサンゼルス7日共同】太平洋戦争中の従軍慰安婦問題に関する安倍晋三首相の発言について、米有力紙ロサンゼルス・タイムズは7日、問題解決に向け、「天皇陛下は自分の家族(昭和天皇)の名において行われた犯罪に対し一歩進んだ謝罪ができる」とする社説を掲載した。  社説は、日本政府に明確な謝罪を求める米下院外交委員会の決議があっても謝罪しないと述べた安倍首相について「中国、韓国との関係改善を目指し首相に就任しながら、日本の右翼勢力による歴史の修正主義にくみして関係を台無しにした」と批判した。  損なわれた日本のイメージと近隣国との関係修復のためには「政治の論争を越え、一番の貢献ができるのは天皇陛下だ」と指摘。1992年の訪中で「過去」を「深く悲しみとするところ」などと表明した発言より「さらに説得力のある謝罪」が、日本の政治家の発言より意味を持つと主張した。


山崎氏、首相発言に「弁解がましい」 慰安婦問題で

 自民党山崎派の山崎拓会長は8日の派閥総会で、安倍晋三首相が従軍慰安婦動員をめぐり「官憲が人さらいのように連れて行く『狭義の強制性』」を否定していることを念頭に、「弁解がましいことは一切しない方がいい」と批判した。


 山崎氏は「(日本に謝罪を求める決議案採択に向けた)米下院の動きは決して愉快でないが、従軍慰安婦なるもの(の存在)は事実だ。それが強制によるか、間接的な強制かの議論は実は弁解にすぎない」と強調。「そういう議論をするより、われわれは(旧日本軍の関与を指摘した平成5年の)河野洋平官房長官談話を認めるべきだ」と述べた。


【本の紹介】
 最近、反日の記事が溢れています。過渡期ですので、混乱するのは当然です。今日は、お薦めする本のコーナーで紹介していますが、その本の中身というより、冒頭の推薦のことばを紹介します。

日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略 深田匠著(高木書房)

 推薦のことば
歴史家  松井石根大将元秘書官
「パール判事の日本無罪論」著者
田 中 正 明



自虐史観 溺る時し 我が門弟 京に錦の み旗かかげぬ


 十五世紀から始まった「大航海時代」以降、欧米列強は世界を制覇し植民地化し、その資源や財を壟断*¹してきました。しかるに大東亜戦争は、東亜の諸国を解放独立せしめたばかりでなく、その鯨波は全世界に波及し、人類史に革命をもたらしました。すなわち戦後、世界百十四カ国、二十二億二千万人の有色民族が独立を獲得したのです。そして彼らは、欧米列強と対等に発言できるようになったのです。これはまさに世界の革命的変化です。


 しかし戦勝国である連合国はその報復のため、日本の強靭な魂「大和精神」とそれをはぐくんだ「国体」を断罪しました。そしてその両足に巨大な足枷をはめたのです。極東国際軍事裁判の強行による所謂「東京裁判史観」の普及徹底が「大和精神」の足枷であり、憲法と教育基本法の押しつけが「国体」への足枷であります。


 戦後の日本は、歴史や文化の教育はもとより、家族制度をはじめ諸制度・習慣全てを悪とし、日清日露戦役はじめ大東亜戦戦争にいたる日本の対外戦争はすべて侵略戦争であり、その悪の根源が帝国憲法であり皇国史観であると断罪したのです。この二つの亡国の足枷を除去しなければ、日本は一人前の独立国家とはいえないことは世界公知の事実です。


 六年八ヵ月長期に渡り日本を支配した占領軍は去って、日本は独立を回復しました。各国はドイツもインドもASEAN諸国も独立と同時に自国の憲法を創設して、主権国家としてのアイデンティティを確立しました。だが日本はその時すでに気概も覇気もなくなっていたのです。ただ経済回復に専念している間に、国家に対する忠誠心も愛国心もなくなってしまったのです。


 かつてレーニンは、「革命のためには祖国を呪詛*²する青年をつくれ。“自分の祖国は恥ずかしい国だ。こんな国は革命しなきゃだめだ”という感情を持たせることが革命の道だ」と語りました。また日本共産党の志賀義雄は、党の武装闘争(暴力革命)を批判して「武装闘争などする必要はない。革命は教育で達成できる。共産党が教科書を書き、日教組の教師が子供を教育すれば、三~四十年後には日本を支配する政治家はみんな共産党の考え方に近づいてくる」と述べています。


 今の四十代だから六十代政治家・官僚・マスコミの幹部等はみな青少年期に、日教組教育を存分に刷り込まれて育った世代です。戦後日本の文教をダメにしてしまった元凶は日教組なのです。ソ連の崩壊や冷戦の終結など国際情勢の変化もあり、今日では日教組も二つに分裂し、その組織率も三十三・七%(日教組)と九・八%(全教)に下降しましたが合わせれば四十三・五%、まだ半数に近いのです。こうして細川「侵略戦争」発言、村山「謝罪」談話、衆議院「謝罪」決議あたりから政治の自虐性は一層加速していき、土下座外交を国是として、中共の朝貢国への道を突き進んでいます。


 加えて、ソ連崩壊後の左翼陣営のインテリは、レーニンの言葉どおり祖国呪誼の反日主義に鉾先を転じ、悪意というよりむしろ敵意をもって、日本を誹謗する歴史教育とその教育書の編集に専念しました。かつての「大和精神」の代わりに、「戦後民主主義」と称する利己主義や享楽主義が横溢*³し、いじめや自殺、青少年の凶悪犯罪や小中学校不登校生の激増など、歪んだ社会を造っているのです。国家意識も国家目標もなく、自国に対する誇りも希望も持てない、それはまさしく民族衰退のときです。


 以上の如く、謝罪外交と権力抗争にあけくれる見識なき政治。教育書の自虐的記述と左翼教師組合による社会主義化教育。左翼イデオロギーにまみれた反日売国的なマスコミの横行。国家観念を喪失し麻薬やセックスにうつつをぬかす青少年たち。少子化とますますの高齢化がすすむ社会。


 日本は危ない……このままでは日本は亡びます。


 私がその危機感と憂慮に心を痛める中、我が門弟の深田匠氏が世に警笛を鳴らす憂国の一書を著しました。「危機を転じて機会と為す」と申しますが、国際情勢の変化が日本にとって真の独立国家への変革を促すこと。そのために日本が執るべき進路について、深田氏は多くの有意義な戦略を示唆しています。一人でも多くの同胞同士が本書を繙(ひもと)かれ、熟読されて肝に命じられんことをお勧めするものです。これは私こと、明治生まれの翁(おきな)から若き同胞への最期のお願いです。


 省みるに私は、すべては祖国のために志魂一筋に生き、悔いなき人生を過ごしてきました。その私も数えて九十四歳となり、遠からず松井石根大将やパール博士の御許に参ることでありましょうが、その前に少しでも日本の再生の曙光をこの眼で見届けていきたいと切に願うものです。


 「日本国民よ目覚めよ、同胞よ奮起せよ、日本を亡ぼす勿れ」
 私の遺言は、まさにその思いに尽きるのです。


*¹ 壟断(ろうだん):高いところに上がって市中を見わたし、安いものを買い占めて利益を得た故事から、うまく利益を独占すること。
*² 呪詛(じゅそ・ずそ):他の人に災いが起こるように神仏に祈る。のろう
*³ 横溢(おういつ):水などが溢れる



「日本を復活させるぜ」と思われた方はクリックを(人気blogランキングへ)
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

ネコぱんちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■Re:

aさん、こんばんは。
新ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論2ですよね。

6 ■無題

とにかく慰安婦問題については、小林よしのり著「戦争論2」の「総括・従軍慰安婦」を読んでみてほしい。
あらゆる関連本の中で一番良い。
この問題の全容も把握できる。

5 ■Re:

その志を、私たち日本人一人一人が引き継いで行かなくてはならないと感じました。ありがとうございます。

4 ■推薦者の…

「パール判事の日本無罪論」は読んだことがあります。田中正明氏は南京事件の否定論者としても有名な方ですね。
残念ながら去年お亡くなりになられたとのこと。
祖国の名誉のために奮迅された功労者・田中氏のご冥福をお祈りしています。
http://ichinichi.nido.jp/sinnpuu/tanaka/top.htm

3 ■Re:

fuyunekoさん、こんばんは。
この本は、私の感性にピッタリ来るからでしょうか。モヤモヤしていた気持ちを、スラッと書いている場面に出くわすと、ニヤッと笑みを浮かべるときがあります。アメリカのネオコンが、とマスコミは騒いだりしてますが、実はマスコミの言うネオコンは、伝統的な保守派であってネオコンではないということや、共和党の内部でのネオコンの立場は少数派であること、ユダヤ支配の陰謀説も否定されてたり、いろいろ書きたい事がたくさんあります^^

耕さん、こんばんは。
証言だけが頼りなんですぅ(笑)

2 ■彼らの

慰安婦問題に関する根拠ってたかが証言だったんですね(嘲笑)。

1 ■直面している問題

こんにちは。

本の存在は知ってましたが、手にとったことはありませんでした.推薦のことば、なんだかもやもやしていたことを言い表してくれたということでしょうか?

慰安婦、そして、南京、そして一番の諸悪の根源であると考える「日教組」.戦後の総決算の時が来たという感じでしょうか? 確かに骨抜きにされた日本ですが、刻まれたDNAはそう簡単には変わらない!そう信じたいと思います. ある意味、北朝鮮、なんとかというアメリカの議員、日本に良いことをしてくれた???

それにしても山拓がまた。。。もう自然消滅するのでほっときましょう。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。