2007-03-07 21:35:00

いや、福島党首の発言は根拠がなくまったく理解できない

テーマ:政治
2007-03-07 16:11
社民 首相の慰安婦発言を批判
この中で、福島党首は「安倍総理大臣の発言は根拠がなくまったく理解できない。従軍慰安婦制度に軍が関与しているのは書類や資料などから明らかであり、安倍総理大臣は、従軍慰安婦問題の重大さや悲惨さを軽減しようとしているのではないか」と批判しました。また、福島氏は、憲法改正の手続きを定める国民投票法案について、「与党内には5月3日の憲法記念日までに法案を成立させたいという意向があるようだが、憲法の改正につながる法案の成立を許すことはできない。成立を阻止するためにも、民主党などほかの野党に働きかけていきたい」と述べました。

【可哀想な慰安婦達(笑)】


事実に基づかない想像で書かれた絵

 こういった想像による絵を元に歴史を語るのは、事実を逸らかし、指導者の都合の良いイメージを定着させるために行うものである。時にはカルト宗教なども、このような現実離れのイメージを信者に植え付け、信者を自由に操るためにも用いられる。インターネットが発達する前の情報に乏しかった時代に行われた一昔前の手法であり、近代の日本では幸いにも通用しなくなってきた。これらを信じる人は、カルト宗教に騙され易い体質を持ち合わせているものだと考えられる。ところが、日本の政党の党首とあろう御方が、何の証拠も提出せずに、従軍慰安婦を事実であるかのように主張している。このような政党こそ、まさに金正日体制を信じるカルト的信者と共通する点であり、日本の事実をねじ曲げる存在でしかない。次に挙げる写真もいわゆる従軍慰安婦と言われた人たちであり、幸せそうな表情を醸し出している写真の一つである。


兵士のあとから河を渡る慰安婦
笑顔がとても素敵ですね。


慰安所の入り口
思いっきり商売してます。

【軍が関与したという証拠を出しなさい】
 福島党首は、そこまで言うのであれば、発言に責任を持ち、軍が強制的に連れ去り、性奴隷として扱っていた証拠を提示しなければならない。虚構の歴史を信じる政党など、日本の歴史や憲法などを、まともに議論できることを期待するのは困難であり、国会から退場願いたいものだ。何かと無責任な発言を繰り返しているが、今の時代は、テキストや画像・動画がサーバーを分散しながら保存される時代である。一昔前のような、暫くすれば忘れる時代ではないのである。この時代の流れは、嘘を背景に勢力を伸ばしてきた組織にとっては致命的であるが、善良な国民にとっては心強い武器となるのである。

【慰安婦と憲法9条問題の類似点】
 憲法改正を何が何でも許さないとする姿勢は、時代に合わせた政治を任せる事は難しく、それに拘り続けるところが社民党らしいと言えばそれまでだが、いつまでも日本を憲法9条という制限で縛り付けておく事は、近年の中国の軍拡の様子からしても非常に危険な発想である。平和とは、戦力の均衡により成り立つものであり、戦争に巻き込まれないように、時には威嚇することも必要である。日本が一方的に平和と唱えておれば、平和になるなどというのは妄想であり、憲法9条教というカルト的思想が、滲み出てきているところに、いわゆる従軍慰安婦を信じるか信じないかの違いとなって現れてきているようである。



待遇良過ぎる強制労働者(笑)


関連エントリー
米国が慰安婦決議案を可決したら、日本は反米に傾く懸念
社民党こそ、女性を政治利用しているだけの、人権を踏みにじる集団

社民党は、国会から退場しろと思われる方はクリックを(人気blogランキングへ)
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

ネコぱんちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■無題

とにかく慰安婦問題については、小林よしのり著「戦争論2」の「総括・従軍慰安婦」を読んでみてほしい。
あらゆる関連本の中で一番良い。
この問題の全容も把握できる。

4 ■Re:

いや、本当に。怒りが込み上げてくることが多々あります。しかし、時代は変化しています。声を張り上げていきましょう^^

3 ■大罪ですね。

自虐史観. 教科書の近隣諸国条項でしたっけ?あれはほんとに罪が思いますね.

最近は怒りが多過ぎて仕事が手につきません!

2 ■Re:

問題はこれだけではありません。先の大東亜戦争を侵略と認める発言を政治家がしてますね。自国の戦争を侵略が目的と認定する国が他にありますか。侵略か自衛かの史観は当事国の自己解釈権があり、日本の立場で考えるのが当然です。自虐政治家は、滅ぼさなければなりません。

1 ■河野談話は破棄するしかない!

こんにちは。

安倍首相の「狭義」「広義」の議論は河野談話を継承するとした以上、苦肉の策として出てきたものであると推測する.

「日本国内」においてこの「繊細」な議論は通用するかもしれない.しかし、国際社会(日本の常識が通じない)はこの説明は通じるであろうか?付入ることしか考えていない輩に次の火種を残すことにならないか?やはり政府は談話は破棄し、堂々と正論を国際社会に説明し、後は何がこようがふんぞり返るくらいでちょうど良いのではないか?

もういい加減に収束してほしいが、後あえて一言言うなら河野氏は、記者会見でもやり、経緯を説明し謝罪し辞職したら、「日本的」には美しい.

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。