「悲劇のヒロイン」を改善するために | 週刊山手心理相談室

週刊山手心理相談室

大阪市のカウンセリングルーム山手心理相談室(ミュゼ・アルディの登録商標です。他の方の使用はお断りしています)の社員ブログです。夫婦・発達障害・依存症・アダルトチルドレンに関するカウンセリング記事を中心に投稿します。プロフィールからのペタはご容赦ください。

いろいろご自慢したいことはあると思いますが、菅義偉首相が、「ワクチンを早期

 

入手し、国民に行き渡るようにした」と仰っているのは、どうなのでしょう。

 

世界第三位の経済大国なのですから、悪くても初期にベストテン入りするのが普通

 

のように感じますが・・・・。

 

 

男性・女性を問わず「悲劇のヒロイン」と呼ばれる方は多いですね。この症状は、

 

一般的にはアダルトチルドレンの方に多いと思われていますが、実際には

 

アダルトチルドレンの他に脳の特性が大きく影響します。

 

典型的な例を挙げてみますね。

 

☆夫婦げんかが絶えないので、カウンセリングを受けたら、夫は「妻の暴言がひどい」

 

 というのに対して、妻は「夫が最初にケンカを売ってきたのに、私が返した言葉だけを

 

 捉えて大きな声を出す」という場合です。

 

基本的には、夫や妻の成育歴が問題になるというより、夫が「自分が先に攻撃した」

 

ことが分からないということが多いです。

 

「え、今言ったことを忘れるはずないよ」

 

という方が多数派だと思いますが、この症状は「夫の脳が自分の行為を認識できない」

 

という難しい症例なのです。街で殴り合いのけんかになって、どちらも「相手が先に手を

 

出した」という場合です。もちろん、自分が不利にならないように弁護することもありますが、

 

夫婦問題では、何度も同じ状況が発生しますから、妻は「アンタ、いつまで悲劇のヒロイン

 

だと思ってるの!」とさらにボルテージが上がりますが、夫は「だった、オマエが先にケンカ

 

を仕掛けたんじゃないか!」と譲りません。

 

悲劇のヒロイン~男女を問わず、古典的な症状名から脱出できるようになれば良いな

 

と思います。

 

この症状は、催眠療法やアンガーコントロールでは改善できません。配偶者様やご家族

 

のご支援を、ぜひお願いいたします。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 


アダルトチルドレンランキング

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

山手心理相談室では、ご来室いただけない方・遠方の方のために「あなただけの コミュニケーション改善」

 

を好評発売中です。

 

★あなたが、なぜコミュニケーション苦手症なのか知って

 

★あなただけの改善ポイントを練習し

 

★あなただけのコミュニケーションを創造 しませんか。

 

本編にも書いてありますが、「なぜ、自分がコミュ障なのか」は多くの方が ご存じありません。

 

本編では、まだ未開の部分が多い脳内の仕様について、わかりやすく「右脳」「左脳」などに区分して

 

説明させていただいています。なぜか5チャンネル等でもご紹介いただいています。

 

「改善」は教材を読んで、できればご自身の苦手な部分を探していただければと思います。そのため

 

に、ご来室・ウェブ面談など様々な対応でお待ちしています。

 

ぜひ一緒にコミュ障を改善しましょう。

 

(お読みいただいた方すべてが改善するわけではありません。効果には一人ひとり差があります)

 

興味をお持ちいただいた方は、ぜひ山手心理相談室までご連絡ください。このブログ ではご返事

 

できません。 教材ご購入のお申し込みは、 商品概要ページ  へどうぞ。