結婚前あれほど優しかったあなたがなぜ変わったの? ~非情と非常のライセンス~ | 週刊山手心理相談室

週刊山手心理相談室

大阪市のカウンセリングルーム山手心理相談室(ミュゼ・アルディの登録商標です。他の方の使用はお断りしています)の社員ブログです。夫婦・発達障害・依存症・アダルトチルドレンに関するカウンセリング記事を中心に投稿します。プロフィールからのペタはご容赦ください。

トランプ大統領を教祖とする、「とんでも教」がかなり広がっています。

 

デマ情報を拡散するだけのブログやtweetを見ると、なんだか悲しくなるのですが、

 

このような情報ほど拡散されやすいので、みなさんご注意ください。

 

 

 

             (この画像は「朝日」「夕日」どちらに見えますか)

              (「毎日」「読売」なんてギャグはなしとします)

 

結婚前、とても優しくて、気配りもできた夫が、結婚したとたんに「サイボーグ」になってしまった

 

とお悩みの方はたくさんおられると思います。

 

「サイボーグ」以外にも、単純に不仲だったり、どちらかが浪費や不倫・転職を繰り返す

 

などの場合がありますが、サイボーグの場合は圧倒的に親戚や会社・ご近所での評判が

 

良い方が多いようです。

 

なぜそうなるのかというと、右脳側に弱い部分のある方、たとえば夫がアスペルガー症候群

 

などの場合は、タイプによってですが、交際期はいつも通りではない状態(非日常)なので、

 

右脳側に脳内ホルモンが出て感情を補強します。ですので、妻(彼女)の誕生日なども

 

実にマメに覚えていて、いろいろな愛情表現もできやすくなります。

 

ところが、いったん結婚(同棲)してしまうと、毎日妻が横にいるのが当然になりますから、

 

妻のいる状態が日常になります。

 

そうすると、今まで「非常時」という認識で活発に動いていた脳が、元の状態に戻って

 

しまいます。ですから、もともと強い左脳側で仕事や挨拶などはできるのですが、家庭内での

 

「愛情表現」は<無駄>と脳が判断してしまいます。

 

釣った魚にエサはやらないゲホゲホ

 

ということですね。そうして、非情な夫が家庭内では誕生します。その程度は人によって

 

様々なので、お悩みの方はぜひお越しください。

 

*この場合、一般的な対処法とされる

 

「ほかの男の影をにおわす。言い寄られてそっちに行きそうな雰囲気を出すと焦り出してエサをくれはじめるから」

 

などは何の効果もありませんから、ご注意ください。

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 


アダルトチルドレンランキング

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

山手心理相談室では、ご来室いただけない方・遠方の方のために「あなただけの コミュニケーション改善」

 

を好評発売中です。

 

★あなたが、なぜコミュニケーション苦手症なのか知って

 

★あなただけの改善ポイントを練習し

 

★あなただけのコミュニケーションを創造 しませんか。

 

本編にも書いてありますが、「なぜ、自分がコミュ障なのか」は多くの方が ご存じありません。

 

本編では、まだ未開の部分が多い脳内の仕様について、わかりやすく「右脳」「左脳」などに区分して

 

説明させていただいています。なぜか5チャンネル等でもご紹介いただいています。

 

「改善」は教材を読んで、できればご自身の苦手な部分を探していただければと思います。そのため

 

に、ご来室・ウェブ面談など様々な対応でお待ちしています。

 

ぜひ一緒にコミュ障を改善しましょう。

 

(お読みいただいた方すべてが改善するわけではありません。効果には一人ひとり差があります)

 

興味をお持ちいただいた方は、ぜひ山手心理相談室までご連絡ください。このブログ ではご返事

 

できません。 教材ご購入のお申し込みは、 商品概要ページ  へどうぞ。