改善できる症状とできない症状  ~発達障害にお悩みの皆様へ~ | 週刊山手心理相談室

週刊山手心理相談室

大阪市にあるカウンセリングルーム登録商標山手心理相談室(株式会社ミュゼ・アルディが登録し、他の方の無断使用はお断りしています)の社員ブログです。アスペルガーや発達障害・依存症・アダルトチルドレンに関するカウンセリング記事を中心に投稿します。

令和が始まりましたが、10連休中のせいかあまり感慨がない駐車場です。

 

最初にお願いがあります。当ブログは、山手心理相談室(登録商標です。令和おじさん

等他の方は使えません)(笑)が運営していますので、ブログをお読みいただいた方と

ペタができればと考えています。ですので、プロフィールからお越しの方や、内容が

カゲキなどの場合は対応していません。どうかご理解をお願い申し上げます。

 

        

 

ところでですね、ひとことで発達障害といっても、本当にいろいろな症状があります。

 

ご来室されている方のことは先輩しか分かりませんが、ブログを拝見していると、どう

 

やらとんでもない対応をされている方もいらっしゃるようです。

 

 

発達障害には「改善できるもの」と「医療行為が必要なもの」「どうしようもないもの」が

 

あります。

 

たとえば、

 

☆疲れやすい    これは当相談室のSSTを続けられた方の多くが改善できている

             症状ですが、原因がメンタルにある場合は難しくなります。

 

☆自傷行為     原因がメンタルにあるのか、発達障害本体にあるのかによって

            対応は違いますが、前者は服薬が必要です。

 

☆イライラ感    女性の場合は特に生理の関係で発生することが多いのですが、

            婦人科系のお薬や漢方薬での対応がお勧めです。壁やごみ箱

            を殴ったりしても効果はありません。(よいこのみなさんは自爆行為

            しないでね)

 

☆パニック     アスペルガー症候群単独ではあまり発生しません。他の要素も並行

           して対策を考えましょう。これもトレーニングでは対応が難しい症状です。

 

☆頭痛や腹痛   風邪や胃腸炎などの原因がない場合は、脳の弱い部分に負荷が

            集中していることが多くあります。

 

トレーニングで改善できる症状に対して、いくら良いお薬を服用しても改善はあまり期待

 

できません。また、発達障害が絡む場合は催眠療法の効果がとても少なくなります。

 

仕事中にお悩みの方は、GWの3~6日はまだ空きがありますので、セカンドオピニオンに

 

一度お越しください。

 

(のだそうです)

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

 

 


アダルトチルドレンランキング