邪馬台国と日本書紀の界隈

邪馬台国熊本説にもとづく邪馬台国・魏志倭人伝の周辺と、一から始める日本書紀研究について
ぼちぼちと綴っていきたいと思います。


テーマ:

 私は、『邪馬台国は熊本にあった!』の中で、「魏志倭人伝」を丁寧に読み解いて、方保田東原遺跡(かとうだひがしばるいせき)という邪馬台国の拠点集落にたどり着いたつもりでした。邪馬台国の比定地は、熊本平野全域だと考えました。しかし、そこには「狗奴国」がありました。といいますか、狗奴国熊本説があったのです。

 

 誤解を恐れずにいえば、狗奴国熊本説は、福岡県や佐賀県が自県内に多くの邪馬台国候補地を乱立させた弊害だと思っています。山門説、八女説、甘木説、久留米説、吉野ヶ里説など、さまざまな説が論じられる度に、「その南の熊本平野には狗奴国があった」という一文がついてきます。なぜか、どの説も狗奴国は熊本平野という認識でほぼ一致するのです。その繰り返しで、狗奴国=熊本という共通認識ができあがってしまったのだと考えています。

 熊本県で開催された古代史の大会でも、地元の方々の多くが「熊本は狗奴国」と思われていると感じました。明治時代、東京帝国大学(現東京大学)の白鳥庫吉教授が唱えた熊本説をはじめ、その後もいくつかの熊本説が提出されていますが、今やそれらはほとんど顧みられることはありません。邪馬台国熊本説の私としては、とても歯がゆい思いです。

 

 では、狗奴国熊本説の論拠はどれほど強固なものなのでしょうか。

 「魏志倭人伝」では、狗奴国について次のように記されています。

 

其南有狗奴国 男子為王 其官有狗古智卑狗 不属女王

(女王国の南には狗奴国がある。男王を戴き、狗古智卑狗(くこちひく)という官がいる。女王〈国〉には属していない)

 

倭女王卑弥呼 与狗奴国男王卑弥弓呼素不和 遣倭載斯烏越等詣郡 説相攻撃状

(倭の女王卑弥呼は、もともと狗奴国男王の卑弥弓呼(ひみここ)と不和であった。倭の載斯(さいし)と烏越(うえつ)等を帯方郡に遣わし、お互いに攻撃し合っている状況を報告させた)

 

 位置的な情報は、「女王国の南にある」という一点のみです。それでも、狗奴国熊本説が、一見説得力をもって語られている最大の根拠は、「熊襲(くまそ)」と「狗古智卑狗」の二つにあると思われます。

 

 熊襲(古事記では熊曽)は、南九州を本拠としてヤマト王権に反抗し、『日本書紀』では景行天皇と日本武尊(やまとたけるのみこと)に、『古事記』では倭建命(やまとたけるのみこと)に平定されます。この熊襲の「くま」と狗奴国の「くな」の音韻が似通っているのと、熊襲が後の肥後国球磨郡(くまぐん)とつながり、さらに熊本につながると考えられているのです。

 しかし、この肥後国球磨郡は現在の人吉市一帯にあったとされる郡ですし、熊襲の「襲(そ)」は大隅国曽於郡(そおぐん)のことだと考える説もあります。曽於郡なら鹿児島県霧島市あたりになります。ですから、熊襲と熊本平野を直接的に結びつけるのには無理があります。

 また、熊襲平定は景行天皇の治世の話であり、一般的には4世紀半ば頃とされます。邪馬台国・卑弥呼の時代とは100年ほどずれていますから、邪馬台国の時代に熊襲勢力がどこにいたかも定かではないのです。

 

 狗古智卑狗は、狗奴国の「官」です。狗奴国の男王=卑弥弓呼の下で、邪馬台国との戦いの前線に立っていたと考えられています。その狗古智卑狗が、菊池彦を連想させ、将来の肥後国菊池郡と関連づけられるというのです。

 しかし、狗古智卑狗が当時どのように発音されていたかは不明ですし(本稿では便宜上、「くこちひく」としています)、菊池彦がどこかにいて何か事績を残したなどということは、伝承の一つも伝わっておりません(私の知るところでは、ですが)。また、菊池郡の名称があらわれるのは律令制下ですから、7世紀以降です。鞠智城(きくちじょう)が築かれたと考えられるのも、その頃です。つまり、3世紀当時、熊本平野に「きくち」「くくち」につながる国や人が存在したと考えるのは、あまりに都合のよい解釈といえるのです。

 

 一方、「魏志倭人伝」には、「倭人は鉄鏃(てつぞく:鉄のやじり)を用いる」や「体に朱丹(しゅたん)を塗る」「山に丹あり」などの記述がみられます。この「鉄鏃」や「丹≒赤色顔料(ベンガラ)」は、正確な数字は示せませんが、熊本県から非常に多く出土しています。特に、阿蘇はベンガラの一大産地であり、まさに「山に丹あり」だったのです。弥生時代後期から終末期における「鉄鏃」と「丹」の出土量は、日本一に近いものであると思います。つまり、倭の話には、熊本地域の様子も含まれていた可能性が高いのです。

 このような倭の地誌や習俗を報告した帯方郡の郡使達は、女王国と敵対する狗奴国には行っていないはずなので、これは女王国の様相を記したものと考えられます。そうであれば、熊本県は狗奴国ではなく、女王国の領域だった可能性がますます高まります。

 

 以上みてきたように、狗奴国熊本説は、薄弱な根拠のもとに、邪馬台国を筑紫平野をはじめとする北部九州に比定する場合に都合がよいというだけで語られてきた面が強いと思います。そして、熊本平野は女王国の領域、ひいては邪馬台国であったとしても何ら不思議ではないのです。

 では、そうなると、狗奴国は? 私は、宮崎県(高千穂を除く)と鹿児島県のほぼ全域が狗奴国だったと考えています(図1)。

 

◇図1 狗奴国の位置 

 私は、ぜひ熊本県のみなさまに、「邪馬台国は熊本平野にあったかも」と改めて問い直していただきたいと思っています。そして、方保田東原遺跡をはじめ熊本平野の拠点集落について、邪馬台国の可能性も念頭においた、積極的な発掘調査が進むことを願っています。くまモンにも、ぜひ応援してもらいたいものです。

 

▼▽▼邪馬台国論をお考えの方にぜひお読みいただきたい記事です

邪馬台国は文献上の存在である!

文献解釈上、邪馬台国畿内説が成立しない決定的な理由〈1〉~〈3〉

 

お読みいただきありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ  
にほんブログ村  古代史ランキング

 

*****

拙著『邪馬台国は熊本にあった!』(扶桑社新書)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

M・ITOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。