EU「欧州で死刑執行しているのはベラルーシだけ」 | 中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2

中国・韓国の「正しい歴史」なるものが如何に歪曲と捏造に満ち満ちたものかについて紹介して行きます。


テーマ:

初めにポチッとお願いします。

 

戦後最大規模の死刑執行、世界に衝撃 非人道的と批判も

 欧州連合(EU)加盟28カ国とアイスランド、ノルウェー、スイスは6日、今回の死刑執行を受けて「被害者やその家族には心から同情し、テロは厳しく非難するが、いかなる状況でも死刑執行には強く反対する。死刑は非人道的、残酷で犯罪の抑止効果もない」などとする共同声明を発表した。そのうえで「同じ価値観を持つ日本には、引き続き死刑制度の廃止を求めていく」とした。
 

 EUは死刑を「基本的人権の侵害」と位置づける。EUによると、欧州で死刑を執行しているのは、ベラルーシだけだ。死刑廃止はEU加盟の条件になっている。加盟交渉中のトルコのエルドアン大統領が2017年、死刑制度復活の可能性に言及したことで、関係が急激に悪化したこともある。
 

 法制度上は死刑があっても、死刑判決を出すのをやめたり、執行を中止していたりしている国もある。
 

 ロシアでは、1996年に当時のエリツィン大統領が、人権擁護機関の欧州評議会に加盟するため、大統領令で死刑執行の猶予を宣言した。プーチン大統領もこれを引き継いだ。2009年には憲法裁判所が各裁判所に死刑判決を出すことを禁じた。

(ここまで)

 

だから、ロシアは暗殺を多用するんだね。

 

 

それはさておき、死刑廃止あるいは執行猶予するなら、懲役100年とか300年なんてのを制度化することが必要だね。

 

 

 

やましろや@歴史の「常識」を疑うさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス