日本人選手がマラソン大会でライバルにドリンクボトルを渡す感動の一幕、一方、中国人選手は… | 中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2

中国の歴史歪曲、韓国の歴史捏造2

中国・韓国の「正しい歴史」なるものが如何に歪曲と捏造に満ち満ちたものかについて紹介して行きます。


テーマ:

初めにポチッとお願いします。

 

http://news.livedoor.com/article/detail/14230460/

2018年1月29日、香港メディア・明報は、大阪国際女子マラソンで日本人選手がドリンクボトルを取り損ねた他の選手に自分のボトルを渡す一幕が見られた一方、香港で行われたレースでは中国人選手が沿道の市民の水を奪って飲み、失格処分を受けたと報じた。
 
記事はこの出来事を紹介する一方で、同日香港で行われた100キロトレイルランニングレース「HK100」での出来事を紹介。このレースでは、中国本土の選手が9時間28分35秒の好記録で最初にゴールテープを切るも、「給水所ではない場所で給水を受けた」として失格処分を下されたという。
 
この選手は途中で沿道の市民が持っていた水のボトルを取って飲んだという。本人は「路上の歩行者とのコミュニケーションミス。自分が持っていた空のボトルと交換することを歩行者が承諾してくれたと思い込んでしまい、ボトルを取ってしまった」と釈明するとともに、衝動的な行動に出たことを謝罪している。
 
しかし記事によると、ボトルを取られた市民の同行者は「選手は友人のリュックサックから水を奪った。常識では考えられない行為」と指摘しており、証言に食い違いがあるという。(翻訳・編集/川尻)
(ここまで)
 
チャイニーズって上から下まで全部ドロなのかもな。
 
しかもバレたら「コミュニケーションミス」って、何をコミュニケーションしたっていうんだ?
 
現場にいた被害者の友人は、「選手は友人のリュックサックから水を奪った」と証言してるよ。
 
こういうすぐバレるようなウソをつくってのもチャイニーズの特徴だよね。

やましろや@歴史の「常識」を疑うさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス