板橋の電材屋ヤマピーのブログ

大山と中板橋の中間地点にある電材卸売商社
山下商行の社員が日々の出来事や感じたことを
記すリレー形式のブログです★


テーマ:

「水清ければ魚棲まずうお座

 

出典は孔子一門のお話を集めた古書、孔子家語より。

 

意味合いとしては魚も水がキレイすぎては餌も得られず、隠れる場所もないため生息できないドクロ

 

そのことから転じて人間も清廉潔白すぎては親しまれず、孤立してしまうということえーん

 

やはり、何事も程々が一番ということでしょうか。

 

皆様、ご無沙汰しております。

 

事において孤立すると、自分は清廉潔白なのだと自己憐憫に浸りますテヘ

 

弱い心を都合の良い屁理屈で守る凡人、ジムで御座います。

 

さて皆様、唐突ですが日頃から愛飲している飲み物といえば、何を思い浮かべますか飲む飲む

 

珈琲、紅茶、緑茶、ジュース、お酒コーヒー ティーカップ お茶 柚子茶 ビール

 

人によって色々でしょうがワタクシことジムは最近、水をよく飲んでおりますmineral watermineral watermineral water

 

なんだ、たかが水かよと鼻で笑う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが意外と侮れません。

 

なぜなら人間の体はその約6割ほどが水で構成されており、その事実からも分かるように水は空気や食料と同じく人が生きていくためには絶対に欠かすことができないものなのです절대

 

また水には老廃物の排泄を促したり、胃や肝臓といった内臓の機能を補助するなどの健康効果も期待できるのです犬?犬?

 

そんな素敵な水ですが、よくよく考えてみると、あまり飲まれていないような気がします【o´m`o】【o´m`o】

 

なんせ水そのものはまったく珍しいものではなく、世間には珈琲やお茶、ジュースなどの多種多様な飲み物が溢れております。

 

なのでハッキリと意識して飲もうと思わなければ水なんて飲んでいない、なんて人も案外いるかもしれません。

 

しかし、人間が健康を維持するために毎日摂取する水の理想的な摂取量は大体1.5リットルと言われていますわお

 

無論、だからといって水をイッキ飲みしろなどと言うわけではありませんが、お茶やジュースで前述の摂取量を満たせるかは正直、疑問です。

 

故に水は必要で、大切なものなのです大事大事大事

 

確かに、水には味がなく文字通り味気ないと感じる人もいるかもしれませんが、逆に言えば口に変な後味も残りません。

 

カフェインもアルコールも入っていませんから体にとっても優しいのですよ。素晴らしいですよねまったく!!!

 

……え、なんでそんなにムキになっているのかってhatehate

 

そんなの決まっていますよ。

 

ジムは嫌いなんですよ!!

 

カフェインとアルコールが!!!

 

ムキィイイイィィーー怒り怒り怒り怒り怒り!!!!

 

突如としてジムの私怨が剥き出しになったところで、本日はこの辺で失礼したいと思いますえへ

 

それでは皆様、機会があればまたいずればいばいばいばい

 

山下商行HPはこちら  

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う。」
 

世界的に有名な理論物理学者、アルベルト・アインシュタイン氏の名言で御座います。わお

 

意味合いとしては学者たるもの常識にとらわれてはいけない、固定観念を疑え的なものらしいです。ジージージー

 

そりゃ考え・思考することが命の学者センセイが、常識に凝り固まったらお仕舞いですよね。

 

皆様、ご無沙汰しております。やあやあ

 

常識と偏見って、実はとてもよく似ているような気がします。

 

余計なことばかり思いつく凡人、ジムで御座います。テヘ

 

さて皆様、唐突ではありますがエスカレーターは利用していますか。

 

私ことジムは電車通勤をしているので、もっぱら駅でよく利用しています。電車

 

今時ちょっと大きい建物ならば何処にでもあるものですが、そのエスカレーターにちょっと気になることが。y’s

 

それはいつも利用している駅に貼ってあった一枚の張り紙に記された文言。

 

「乗ったらつかまるのがエスカレーターの基本です。」ジャ〜ン

 

…ほう。おー

 

つまりエスカレーターでの歩行を止めようというキャンペーンの張り紙でした。

 

実際、調べてみると鉄道各社や関連団体ではエスカレーターでの歩行禁止を正式に呼び掛けているようです。だめだめ

 

理由はズバリ危険だから。WARNINGWARNINGWARNING

 

そもそもエスカレーターという機械(乗り物?)は人が歩行することを前提として作られてはいないのだとか。

 

だから無理に歩行すると人とぶつかったりして危険なので正しいマナーを広めよう、と。

 

うーん。やはり気になりますね。むむ

 

というより、モヤモヤします。むむむむ

 

別に正しいマナーを広めようという啓発活動が無意味だ、などと言いたいわけではありませんが、そもそもこれはマナーで解決する問題なのでしょうか。?おまめ

 

私ことジムは、これは建物やエスカレーターという機械の構造上の問題だと思います。ズバッ

 

なぜなら歩行者の為のエスカレーター片側空け行為は、右か左かの違いはあれど日本全国どころか世界中に常識として浸透しています。

 

それを「マナー」の一言で変革しようとするのはさすがに厳しいでしょう。悲しい

 

ならば最初から歩行可能なエスカレーターを開発するなり、それがダメならエスカレーターを一人しか乗れないよう狭めて階段を必ず併設すれば良いと思いますが。【o´m`o】

 

まあでも、変わらないように見えて意外とよく変わるのが常識というもの。おや

 

数十年後には今の啓発活動が実を結んでエスカレーターを歩くなんて非常識だ!なんて言われる時代にが来るかもしれません。

 

んん、そう考えると何だかワクワクしてきましたね。わーいわーい

 

私ことジムの発想が正しいのか、啓発活動が正しいのか、はたまた今と何にも変わらないのか、正解は後世の時代が証明してくれることでしょう。

 

未来への楽しみが一つできたところで、本日は失礼したいと思います。それでは皆様、機会があればまたいずれ。バイバイ

 

山下商行HPはこちら  

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「男心と秋の空」
 古くからある日本の諺のひとつ。

“女心と秋の空”なら誰もが一度は聞いたことがあると思いますが、その男バージョンがあるとは。え゛!

ちなみに意味合いとしては“女心と秋の空”が女性は感情の起伏が激しく、移り気であることを示しているのに対して“男心と秋の空”は男性の愛情が簡単に変わることを示しているそうです。

……結局、人間の心とは移り気であるということなのでしょうが、なんか男の方が皮肉っぽいですね。エヘ

 皆様、ご無沙汰しております。肉体は着実に年をとっておりますが、心は永遠の二十歳♪。いえーいいえーいいえーい

…進歩が見られないことを都合の良い表現で誤魔化す凡人、ジムで御座います。ジム

 さて皆様、唐突ではありますが鳥は好きですか。インコ?

あ、いえ違います食べたら美味しいかどうかという意味ではなく。

こう、可愛いと思うかどうか的な意味合いで。

ちなみに私ことジムは幼少の頃より鳥がけっこう好きです。

鷲や鷹などの猛禽類鷹はすごく格好いいですし、アヒルやカルガモなどがヨチヨチ歩いてる姿は見ているだけでも癒されます。ハート

そして当たり前のことではありますが、鳥はそのほとんどが空を飛ぶことが出来ます。飛ぶ

そう、あのどこまでも広い大空を自分の力だけで自由に飛ぶ。

地を這う身の人としては、そこに強く憧れますね。羽ばたけ!羽ばたけ!羽ばたけ!

もし来世というものがあるのなら、今度は鳥になって天空を存分に駆け抜けてみるのも良いかな、などと妄想しながら歩いていると、近くの茂みが妙にガサガサと音を立てています。y’s

なにかと思って近寄ってみると。

ーーガサッッ(茂みから鳥をくわえた猫が道路に飛び出した)猫

ーー!!!(私ことジム、ビックリして硬直)はっはっはっ

ーーすたたた(猫、ドヤ顔で去っていく)ドヤ顔トコトコ

…どうやら鳥の世界も厳しいようで。あちゃー

今、目撃したのは猫でしたが同じ鳥同士でも戦いは当然あるでしょうし。

どこぞの歌の歌詞では“悲しみのない自由な空へ~”なんてのがありましたが、空にも世の不条理は渦巻いているみたいです。*ぁ

そう考えてみると鳥はただ空を優雅に飛んでいるのではなく、決して自由にならない空に挑み続けている生き物なのかもしれませんね。

まあ、自由にならないものに挑み続けているという意味では心を持つ人間も同じですが。

つまり、突き詰めてみると人間も鳥もそう変わらないのかもしれません。

と、なぜだか哲学的な結論が出たところで、本日はこの辺で失礼したいと思います。それでは皆様、機会があれば、またいずれ。バイバイ

 

山下商行HPはこちら  

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。