'強さ'って自分を孤独にしますよね~実体験を絡めて~ | レンタル彼氏PREMIUM「山下涼」オフィシャルブログ

レンタル彼氏PREMIUM「山下涼」オフィシャルブログ

こんにちはレンタル彼氏PREMIUNの山下涼です。
更新遅めですがどうぞよろしくお願いします。

http://rentalkareshi.com/cast/yamashita_ryo/
こちらからファンレターでメッセージ送れます。
僕の詳しいプロフィールとデートの申し込みもこちらからお願い致します。


テーマ:
こんばんは〜涼です!

突然ですが皆さんは心を裸にして会話や遊び、
飲みに行ける友人、
あるいは恋人、
あるいは旦那様はいらっしゃいますか??


僕は小学生から高校生までテニス少年でした。

テニスはスポーツです。

当たり前ですが勝利を得る為には、
練習に練習を重ね、
心と体を強くする必要があります。


そしてテニスは個人競技でもあります。


だから小さい頃から何でも1人でやらなきゃという考えで動き、
中学生の頃には東京の代表選手として大会に出ることもありました。


けれど、結果を出せば出すほどテニスクラブの同期からの眼差しは冷たくなり、いじめを受け、どんどん孤立していきました。


今思うと、
競走社会、実力の世界ですから、
僕が知らず知らずのうちに傲慢な性格になっていたのかもしれませんね……


高校生になってテニスクラブを辞めて、
部活動でテニスを続けた時も同じで、
僕の周りには人は寄り添ってこなかったです。


そういう全ての背景を含めて、
僕はなんでも1人で解決しようとする人間でした。


よく高校の親友から
「涼はラケット握ると性格が変わってたよ」
と言われます。


今となっては高校の親友が僕にとっての心を裸に出来る人ですが、

当時の僕は孤独でした。

孤独だけれど「孤高」なんだからしょうがないと思い込んで、日々を過ごしていました。


このブログを読んで下さってくれている方にも同じような思考、あるいは悩みを持っている方いらっしゃるのではないでしょうか……??


特に女性は能力が高ければ高いほど周囲からは疎まれ嫌われすい社会構造ではないでしょうか……?


「強さ」を持つが故に孤独な女性にこれまで何人も出会ってきました。


平日は同じ職場のお酒の席ですら嫌われないように必死に気を遣う接待。

せっかくの休日は家族サービス。

息抜きをしようにも周りの友人には家庭があり、
自分にも家庭なり仕事があって心を裸に出来る機会が無い。


本当に辛いですよね……。

お酒すら楽しく飲める人がいないのは……。

本当に話したい事を話せないのは……。



そんなあなたの事を僕はいつでも待ってますよ☺️✨


僕お酒は強いのでとことん呑んで、
あなたのお話をたくさん聞かせて下さいね🎶
僕で良ければ息抜きに会いに来てくださいね。



それでは、今週も頑張りましょ🥳



↑デートの申し込み、ファンレターからのメッセージはこちらから🌱🌱🌱
Twitter、Instagramもよろしくお願いします🎶

レンタル彼氏PREMIUM「山下涼」さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ