地元の公民館では、毎年ハザードマップ作りの体験教室が開かれています。町全域の危険箇所を各自治会から持ち寄り、子どもや高齢者にとっての危険な場所を特定し、グループごとに一つの地図に書き入れ、それらに備えてどういう手立てをすべきかを考えるものです。

 

 福山市の「地震防災マップ~揺れやすさマップ」には、緊急輸送道路(地震直後の緊急輸送を迅速・確実に実施するための耐震性が確保された道路のこと)が記されています。建築物がどの程度全壊・半壊するのかの予測確認もできます。

 

 国土交通省は「重ねるハザードマップ~災害リスク情報などを地図に重ねて表示~」をホームページに掲載しています。これは、洪水・土砂災害・津波のリスク情報、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどを地図や写真に自由に重ねて表示できるものです。実際私の地元の町の急傾斜地を検索すると、今年7月の豪雨災害で被害が甚大であった箇所が色濃く表示されました。スマホ版にも対応しています。日頃から、地域の避難経路や危険箇所を知っておいて、リスクを最小限にしたいものです。

 

【参考】

福山市地震防災マップ - 福山市ホームページ

国土交通省ハザードマップポータルサイト