24日におこなわれた「まつなが、みんなで生きよう、かんがえよう」へ行ってきました。社会福祉法人・虹の会が主催し、30回を数えるこの会は、障がいのある人も、障がいのない人も、あたりまえに地域で一緒に暮らすことができる社会をつくることをめざす活動のひとつとして開催されており、私も毎年、参加しています。

 


 今年は天候にも恵まれ、多くの人が来場されました。会場の今津小学校体育館には、障がいのある人が作ったいろんな作品や、趣旨に賛同して出品した多くの人の絵画や書などが展示され、ステージでは、これまた多くの団体の皆さんが踊りや音楽を披露されました。

 


 屋外では、ジョイジョイワーク高西に通う人たちの保護者や職員による食べ物の模擬店や、市内の障がい者施設や障がい者団体の皆さんが作った日用品や煎餅などの販売所があり、訪れた人たちの交流の場となりました。

 


準備から本番の運営に携わった皆さん、舞台発表や作品の展示に協力してくださった皆さん、ありがとうございました。そして、ご苦労様でした‼️