職人の苦労 | くずもちに、命を懸ける | 創業昭和30年 伝統の江戸くずもち 山信三代目 小山信太郎

職人の苦労

昨日の毎週火曜日

工場直売日

寒い雨降る中


多くの皆様にご来店ありがとうございます。

image
8切(1人前用)で販売するようになり

お買い求めやすくなったと

お声をいただくことが多くなりました。

今週金曜日は

地元船堀駅改札前にて

販売です。

 

繁忙期で

ハートは紅白のみになってしまうかもしれませんので

その旨

何卒よろしくお願いいたします


さて

昨日書きました

 

久寿餅の原料

小麦でんぷん2年乳酸発酵させたものを使用

 

職人は

image

その乳酸菌と共に育むこと。
調整します。

 

2000ℓ

タンクで水洗い、

一日一回を約1週間
行います。

職人は
一年中

ほぼ毎日

チェックしています!
image
臭い、風味

五感使って

 

また

生成された原料

最初の出来上がりにも

細心の注意を図ります

PHの数値を見て

酸度が同じでも

原料によって

弾力は違います。

また風味、香りも違うのです

 

小麦も産地が

アメリカ西海岸、東海岸なのかで

だいぶ違いますが、2年発酵させたものは

どこが、どれくらいの弾力ある原料か

全くわかりません。

 

毎朝

外気も違います

湿度も違う

季節によっても左右します。

 

毎朝

緊張の連続です!

 

硬いから

水を増やそう

もっと蒸けの時間を増やそうなど

細心の注意を
職人はじめ

はかってくれています。

 

仕事ですよね~これ!

江戸時代の人達も

蒸し器が調整できないから

大変だったろうに!と思ってしまいます。

 

江戸久寿餅は

職人たちが頑張って育て

お客様に喜んでいただける

弾力、風味づくりに
仕上げております。

 

久寿餅屋で違います!!

 

是非ですね!

この年始

いろんな久寿餅屋さんを試してください!!


うちは

しっとり固めになると思います。

今週は

船堀駅改札前

16時から21時まで

 

冬季は

賞味期限3日(明後日)にしました。

 

冷えに弱いので

早めにお召し上がりください!


この味を試したい方
楽天からご注文できます!!

https://item.rakuten.co.jp/edokuzumochi/kuzumochi-03/
配送ご希望日も

備考欄にご記入くださいね~~