1%パート② | くずもちに、命を懸ける | 創業昭和30年 伝統の江戸くずもち 山信三代目 小山信太郎
2018年07月06日 11時36分33秒

1%パート②

テーマ:くずもち 原料話

https://ameblo.jp/yamashin1201/entry-12388436860.html
一昨日のブログにて

江戸のくずもちの原料は、

小麦のデンプンを2年寝かしたものとおつたえしました。

 

小麦でんぷん?

 

聞きなれませんよね?

 

よく

小麦粉じゃないの?となります。

 

小麦粉を布で包み

水の中へ揉み揉みすると

水の中に流出するものがあります

 

布の中に残ったのが

グルテン

 

水に溶けたのが

でんぷん

 

このグルテンが

何になるかと言うと

お麩になります。

 

くずもちになる小麦でんぷんは

お麩の副産物でした。

 

ただのでんぷんでは

ぷつりぷつりの弾力になりますが

 

発酵すると

なぜか独特のしっとりした歯切れのいい弾力になります。


東京、千葉、神奈川と関東の一部にしかない

江戸の菓子です
 

発酵は
なぜしたかといいますと・・・

また次回

 

今日は

船堀駅改札前

15時半~20時半までの販売です

 

お待ちしております!!

 

株式会社山信食産 くずもち社長 小山信太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス