2018 BMC SLR01 Teammachin モデルチェンジ

テーマ:

2018 BMC SLR01 Teammachinがフルモデルチェンジします。

 

戦闘機がモデルチェンジしました。

 

ACEテクノロジーにより、歴代もっとも剛性が高く、最軽量なTeammachineが誕生

Teammachineが長年愛用されている理由である重量、剛性、コンプライアンスの絶妙なバランスを進化させるには、BMC独自のACEテクノロジーで多くのプロトタイプを短時間で設計し、ベストを模索する必要がありました。新しいカーボン積層、チューブ形状、アシメトリックデザインはACEで計算したバーチャルプロトタイプから導き出した最高の結果です。

 

パフォーマンス向上のための新しいカーボン積層とチューブ形状

ACEテクノロジーの計算でチューブ形状とカーボン積層に改善の余地があることを理解し、BMCの長年のカーボン製造の経験を活かし、最高級のカーボン素材を使って目標としている性能を実現しました。先代より高い剛性を持つBBは加速性を向上させ、縦方向の振動吸収性は長距離走行での疲労をより軽減させます。高いねじれ剛性も先代Teammachineから引き継いだ上、機敏で上質なハンドリング性能も誇ります。

カーボンの特長を活かして生み出された新しいリア三角デザインにより、重量を減らしつつも、シートチューブから伝わる振動を抑えることができ、パワー伝達率の向上に成功しました。

 

 

機能と外観を両立するインテグレーションフィーチャー

Teammachineのインテグレーテッド・コックピット・システム(ICS)ステムにより、高い調整の幅を持たせながら、スムーズで、よりスピードをイメージさせるルックスを得ています。Di2ジャンクションをダウンチューブ内に収納し、先代よりもシステムインテグレーションを向上。160mmローターに最適化されたダイレクト・フロント・フラットマウントは余分な重量増加を防ぐことに貢献。シートポストクランプはフレームに内蔵し、スムーズな外観を得るとともに、クランプ部を下げシートチューブをより短く設計できたことにより、フレーム単体だけではなく、シートポストからも高いコンプライアンスを引き出すことに成功しています。リアスルーアクスル・RDハンガーシステムはIMPEC LABで緻密に開発された軽量な専用品です。

 

左右非対称のデザイン

新型TeammachineSLR DISCでは、ディスクブレーキの制動力による負荷に負けない剛性と軽量性を両立したアシンメトリックフォークを新たに採用しています。新しいフレームのアシンメトリック形状、カーボン技術やBMC独自のフィーチャーなどの組み合わせにより、新型のディスクブレーキ用フレームセットの重量は先代のリムブレーキモデルと比べても微増に留めています

 

Teammachine SLR01 MOD  フレームセット+パーツキット

¥500000税抜

スラムレッド完成車

Teammachine SLR01 TWO

¥680000税抜

シマノアルテグラ完成車

Teammachine SLR01 THREE

¥600000税抜

 

トップモデルの完成車も頑張れば行けますね。ただいま予約受付中です。

BMC SLR01をお考えの方は是非どうぞ。

 

ヤマシゲサイクル

 

 

AD