7月20日午前9時〜 スチール担当した番組・再放送!!「深海のロストワールド追跡!謎の古代魚」 | 世界を旅する写真家⭐︎山崎エリナオフィシャルブログ

7月20日午前9時〜 スチール担当した番組・再放送!!「深海のロストワールド追跡!謎の古代魚」

キラキラプレミアムカフェ 「深海のロストワールド 追跡!謎の古代魚」  (2015年)

【NHK-BSP】  2021年7月20日(火) 午前9:00~午前10:44 (104分)

スチール担当で携わらせていただいた番組ですウインクカメラ波地球

 

撮影 山崎エリナ(PHOTO elina yaamsaki)

 

実は、上記の写真も山崎エリナが撮影したものです。

この時は潜水艇内で写真撮影と動画映像も撮影しておりましたウインクカメラうお座

 

 

2021年7月22日は「海の日」ですね。

海の日の前々日に深海の神秘に是非!触れてみてください波

 

(潜水艇内より・撮影 山崎エリナ)

 

地球表面の7割を占める海は、生命のふるさとであるとともに、

人類にとっては大部分がいまだに未知の世界です。

 

舞台は太平洋・赤道直下に浮かぶパプアニューギニア島。

極彩色のサンゴ礁のすぐ外側は、断崖が一千メートルまで落ち込む。

ほとんど調査が進んでいないこの「熱帯の深海」で、待望の深海調査が始まった。

 

(潜水艇内にて)

 

インドネシアで新種のシーラカンスを発見した海洋生物学者マーク・アードマン博士が、

あのダイオウイカを撮影した透明球型潜水艇に乗り込み、深海の生物を探ります。

(撮影 山崎エリナ)

 

水深200mで「生きた化石」と呼ばれるウミユリやオウムガイが姿を現し、期待が膨らみます!!

これがラストチャンスという最終日、、、博士とともに潜航開始波

ラストダイブでなんと!シーラカンスより貴重な未知の深海魚に遭遇!

(オウムガイ共に 撮影 山崎エリナ)

 

ヒョウモンシャチブリというもう一つの「生きた化石」も!

ヒョウモンシャチブリは2008年に日本の研究者が新種として発表した深海魚で、

巨大隕石の衝突で恐竜の時代が終わった頃に深海に追いやられて、生き延びてきたのではないかと考えられています。

皆さんもダイオウイカから続く、この奇跡の目撃者になってくださいニコニコキラキラ

 

右差しプレミアムカフェ 「深海のロストワールド 追跡!謎の古代魚」

【スタジオゲスト】JAMSTEC海洋研究開発機構上席研究員・・・藤倉克則 氏

【スタジオキャスター】渡邊あゆみ

 

右差しもし20日見逃した方はオンデマンドからも見ることができますウインク

 

(グリーンの服はわたしです〜💦懐かしいショートカット。潜水艇パイロットのリーダーはいつも陽気でみんなを和ませてくれます虹

 

 

キラキラ山崎エリナ最新刊

 

 

 

 

 

 

 

 

などがある。

 

キラキラ山崎エリナへのご依頼・お問い合わせはContactからも。よろしくお願いいたします。