三峯神社の撮影・本に携わって 開運ビジュアルブック『三峯神社』 | 世界を旅する写真家⭐︎山崎エリナオフィシャルブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

三峯神社の撮影・本に携わって 開運ビジュアルブック『三峯神社』

image

 

開運ビジュアルブック『三峯神社』の担当編集者でもあるグッドブックスの良本さまが、この本の魅力を語ってくださっています。ニコニコ神社キラキラ

下矢印

 

標高1100メートルの山岳地帯だからこその秘境の幽玄な姿

三峯神社の訪れた誰もが口にするのが、「空気がおいしい」「気持ちが良い」「また来たい」。
というのも、標高1100メートルの山の頂上にある境内は、四方を山々に囲まれ、周りは大自然そのもの。
本書には、霧の中の境内、雪の中の祈り、美しい雲海と、刻々と移り変わる自然と神社の美しい姿をたくさん納めています。

 

撮影・山崎エリナ

 

写真家 山崎エリナが7年をかけてカメラに収めた三峯の「氣」

中山宮司が本書のインタビューで、三峯神社の魅力について、山に宿る「氣」の存在を語っておられます。
その目に見えぬ「氣」を何とか写したいというのが本書の目的の一つでもあり、写真家・山崎エリナさんがそれに挑みました。
山崎さんは、世界を旅する写真家として脚光を浴びましたが、目に見えない世界を表現する写真家でもあります。

image
(テレ玉の番組に出演の模様)

彼女の代表作のひとつ『ただいま、おかえり』(小学館)は、人々の郷愁を表現した作品ですが、
巨匠といわれたポーランドの映画監督アンジェイ・ワイダ氏によって絶賛され、その写真は世界各国を巡りました。

ポーランド・クラクフにて アンジェイワイダ監督と一緒にカメラ
 

三峯神社の知られざるスポット、そしてふだんは撮影できない祭祀の模様

三峯神社は「白い氣守り」や拝殿前の「敷石の龍神」は有名ですが、本書には、「これはどこに?」と思われるような、意外と知られていないスポットが収まっています。
また、ふだんは撮影できない朝の祈りや祭祀の模様も、特別に許可していただき、撮影させていただきました。

撮影 山崎エリナ

 

 

三峯の深い世界へといざなう開運ビジュアルブック

本書の主な内容を以下に列挙します。

◎霧、雪、雲海…大自然が織りなす三峯の美しい姿
◎知られざる注目スポット
◎ふだんは撮影できない祭祀の模様
◎中山宮司インタビュー
◎正しい参拝ルート、お参りの仕方
◎神主さんの一日
◎1900年の歴史、年中行事
◎お犬さまの霊験話
◎「白い氣守り」とはどんなお守り?
◎表参道52丁を登ろう(2時間半の参道登山の写真と文)
◎境内案内

三峯神社を何度も訪れたことのある方でも、「見たことのない光景」と出会うでしょう。

 

キラキラ三峯神社からインスピレーションを受けて即興で歌った曲とともに三峯神社動画ですニコニコキラキラ

 

 

 

三峯神社 開運ビジュアルブック
写真 山崎エリナ、協力 三峯神社
A5判、横型、オールカラー122ページ 定価:本体1500円+税
 

 

神社キラキラご購入は三峯神社の食堂ブース、三峯神社でご購入できます。

お近くの本屋さん、グッドブックスよりお問い合わせください。

 

 

お願いこの本のもう一つの秘密は、、、

最終ページには御朱印をいただけるページをご用意虹
社務所でいただきましょう。(御朱印料は別途かかります)

 

コロナ禍がもう少し落ち着きましたら、三峯神社へ伺いたいです。