福島県・維持可能な地域インフラの維持管理のあり方を考えるシンポジウム 特別講演させて頂きました。 | 世界を旅する写真家⭐︎山崎エリナオフィシャルブログ

福島県・維持可能な地域インフラの維持管理のあり方を考えるシンポジウム 特別講演させて頂きました。

福島県にて老朽化した道路などのインフラをどう整備するか話し合うシンポジウムにて、

特別講演 「写真家が見たインフラメンテナンスの現場」をお話しさせて頂きました。

応募が殺到し180名に定員を超える235名いの方にお越しいただいたとお聞きしました。

30分で伝えられなかった言葉や思いがありました。見ていただきたかった福島の補修現場の写真スライドなど

あのお話しもしたかったの〜と、後から溢れる思い、、、。

 

道路や橋、トンネルなどの補修現場で働く人たちの姿とこの道を守るんだ!という思いに感銘を受け、

私たち市民の安全安心、日々の暮らしを支えてくれていることに改めて感謝する思いになったこと。

写真展や写真集「インフラメンテナンス」を見て「これからは看板を見たらありがとう!と思います」「写真から皆さんの誇りを感じる」など、涙を流しながら感想をお話ししてくださったり、皆さんの心の変化や思いを目の当たりにしてきました。

よく考えると、、、必死に現場の人たちを追いかけ撮影している中で、私自身も!正に「ありがとうございます」という思いにさせられたひとりだった。

 

現在も補修現場をはじめ、インフラメンテナンスに関わるあらゆる分野のお仕事にもクローズアップし撮影、

写真家として思いを写真に閉じ込める表現をし続けています。

 

その思いを閉じ込めた写真集「インフラメンテナンス」見て感じていただけたら嬉しいです。

ありがたいことに写真集「インフラメンテナンス」は増刷になりました虹✨🙏 

 

これからも写真家の視点、山崎エリナでしか表現できないことを追求し続けていきたいです。

応援、ご指導の程、よろしくお願いいたします。

 

このような貴重な機会をいただけましたことに感謝です。ありがとうございます。

福島民友新聞社 2020年2月1日掲載

 

 

{F5B6367E-3914-4567-8623-DB940CC32BE4}

福島建設工業新聞 2020年2月
 

 

ガーベラ春には新作の写真集2冊出版予定です。こちらも乞うご期待キラキラ

 

 

星山崎エリナ著書

 

 

 

 

サウダージ サウダージ
 
Amazon