スチール担当した深海番組 NHKスペシャル「ディープ オーシャン超深海地球最深への挑戦」リブログ | 世界を旅する写真家⭐︎山崎エリナオフィシャルブログ

スチール担当した深海番組 NHKスペシャル「ディープ オーシャン超深海地球最深への挑戦」リブログ

NHKスペシャル ディープ オーシャン超深海 地球最深(フルデプス)への挑戦

 

http://www.nhk.or.jp/darwin/feature/deepsea/deepocean3/index.html

 

余談ですが、私の深海日記も掲載、下記のNHKホームページにて公開されております。

今まで深海チームが挑んな軌跡です。

http://www.nhk.or.jp/darwin/feature/deepsea/lostworld/column01.html

 

 

深海の秘境に、最先端の科学で挑むシリーズ。

世界で初めてダイオウイカを撮影したNHK深海取材班が再び集結し、新たな探検へと旅立つ。

 

最終回は、水深6000メートルを越える「超深海」波

地球の海の2パーセントにも満たないという究極の深海ゾーンだ。

「超深海」の最深部(フルデプス)はマリアナ海溝チャレンジャー海淵、10920メートル。

57年前、人類で初めて潜航した海洋冒険家は、そこで深海魚を目撃したという。

しかし写真などの証拠はなく、多くの研究者がこの目撃談に疑念を抱いてきた。

すさまじい水圧のため、タンパク質が機能できなくなり生存不可能と考えられているからだ。

一体、「超深海」とはどんな場所なのか? 魚は? そして生命はいるのか?

 

私も写真担当で同行した世界初のダイオウイカの番組NHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」

https://www.nhk.or.jp/darwin/feature/deepsea/archives02/

続いて、ザ・プレミアム「深海のロストワールド 追跡!謎の古代魚」

https://www.nhk.or.jp/darwin/feature/deepsea/lostworld/

 

そのダイオウイカNHK深海チームが新たな超深海の世界の映像!!

 

ダイオウイカの番組の時に深海300メートルスチール撮影へ、

潜水艇の中での貴重な写真を博士に撮っていただきましたカメラニコニコ

 

このナディア号の潜水艇は大人三人が乗るともう身動きできない!

カメラ機材やその他のコントローラーは膝の上にスタンバイ。

帽子を被っているのは光の向こうにもう一台の潜水艇が撮影中、

顔が見えないようにという無線からの指示を受けて被っていますウインク 

普段の深海撮影では被りませんようお座

潜水艇に乗り込むところですニコニコカメラ

潜水艇内で出発前の博士やパイロットの表情を撮影中カメラキラキラ

 

あの時の深海カメラマンチームの皆さんに大変お世話になりました✨

いつもみんなが真剣に立ち向かう、いいものを撮りたい、いい番組にしたい、みんなの思いが向き合い戦い、厳しい現場ですが、一致団結!!素晴らしい現場を経験させていただきましたビックリマーク

 

 

NHKホームページにて 深海チームのわたくし山崎エリナが書いた同行日記と写真が掲載、公開中ですカメラ乙女のトキメキ

http://www.nhk.or.jp/darwin/feature/deepsea/lostworld/column02.html

 

http://www.nhk.or.jp/darwin/feature/deepsea/lostworld/column03.html

 

 

花火深海撮影に挑戦した山崎エリナの最新刊「インフラメンテナンス」好評発売中です花火

神社関東・秩父のパワースポット三峯神社に7年の歳月をかけて撮影した心洗われる開運ブック「三峯神社」神社

乙女のトキメキ映画監督アンジェイ・ワイダ氏が物語性を感じ認めた作品「ただいま おかえり」乙女のトキメキ

 

 

サウダージ サウダージ
 
Amazon