ruttaの日記

ruttaの日記

自分に正直な日記にしたいな~とおもってます

日々の生活のこと、みんなに発信したい発見とか書きたいな


テーマ:

 

お菓子が焼きたい今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか

お菓子が焼きたいです。チョコのお菓子レモンタルト、クリスマスっぽいもの。

あー焼きたい、食べたい。って気持ちがふつふつ。

 

風邪を引いたなんて声とどきました。

師走の季節忙しいって気持ちありますよね。

ねぎの香りは鼻づまりを通してくれるんだそうです。

ちょっと短めのブログですが、、ホェ~ 私も寝て気をつけようと思います

お休みなさい 月

 

 

 

 

 


テーマ:

使わないからと、ネルドリップいただきました

初のネルドリップ

さあどうなるネルドリップ

ネルの淹れ方を頭にいれ、ゆっくりゆっくり注いで注いで、

ゆっくりゆっくり・・静かに静かに、、

あーやっと淹れ終わった 

色は濃いよ。倍量の粉だからすごく濃い。それでいてコーヒーの油分がそよそよ浮かんでる。

さあ味はどうなるんだろう・・・いただきます・・

 

 

ひとくち・・

 

お、苦くない・・

 

濃いだけで苦くない。

嫌な味がない。

嫌な味って、えぐみ・渋み・嫌な苦さ。

みたいなのがない。

それでいてこっくりしててマイルド。だけど、スッキリ。

濃いの得意じゃないと思ってたのに またひとくち。またひとくち味を確かめるように。

 

このネルの濃さ

好きな人いるだろうな。納得。

大坊さんのコーヒーに少しだけ思いをはせてました。

 

ネルでたっぷりの粉を使ってのコーヒー

これねデザートです!!完全なるデザート!!

というのが、いつものごとく、ストレートでいただいた後

お砂糖とミルクを用意していただいたんです。

口にお砂糖をふくみ、コーヒーをひとくち、少しいただいたらその余韻でミルク。

 

え、うちの牛乳こんなにおいしかった??!!

 

いつものコーヒーより濃い苦味が牛乳をより一層甘く感じさせる。

ミルクがすごく美味しい。甘い!

チョコのお菓子、いやいや、コーヒーのお菓子をいただいてるような。

そんな感覚に包まれました。

 

私は深煎りってあまり得意じゃないかなと思ってるのです。

ネルをいただいた後もそんな感じはまだあるのだけれど、

でもおいしかった。

ネルドリップをいただきましたのお話でした。

 

 

*嫌な味が出ないのはネルのおかげと、温度もあるのかな。温度は80度でした。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

今夜は手羽・大根・こんにゃくをこっくり味噌味

でもちょっとさっぱりさせたいので あまり濃い味付けにはしませんでした

味噌味の煮物ってあまり作らないけど、なんだかとってもおいしそうで温まりそうです

 

 

 

タイトルの土鍋

母の朝のお味噌汁は土鍋でつくってます

楽しみなんだそうです。それをお昼に持ってくのもまた体が温まっていいって気に入ってます。

 

この日は、具沢山。

夜遅かったので疲れてるだろうと、サツマイモが入ってます。

人参・大根・サツマイモ・油揚げ・昆布・煮干し・酒・ネギ生姜・しいたけ・なつめ。

 

 

油揚げ・干し椎茸・煮干し・昆布・大根・ネギ

母は秋になると咳が出やすいので、大根よく使います。

具沢山のみそ汁を少し薄味にしてたっぷり食べて、ぽかぽかな体で1日を迎えてほしいなって。

でも、毎日この具沢山を作るのも結構大変だなって。

日々のごはん作るのって簡単なものではないけれど、でも喜んでくれるのを励みにという感じでしょうか。

 

 

話は変わって、最近お弁当のおかずで気に入ってるのを一品。

かぶを皮ごと四つ割り一口大に切って、それを焼くんです。じっくり。

皮が香ばしく焦げて、全体に少し乾いた感じに焼けるまで、じっくりジリジリ。

最後にぱらりをお塩をふるだけなのですが、大好きなカブの食べ方です。

お弁当おかずが濃い時はお塩はカブの旨味を引き出す程度にしたりして、塩加減もその時々で塩梅をみて。シンプルすぎて、ほんと?美味しいの?って思いますか。それともおいしそーって思いますか。私は大好きなんですよね。今日のお弁当がそれで、今夜はその葉を茹でて出そうと思います。葉っぱは、大根の葉同様しらすと炒めていただくのも好きです。その時はしらすをじっくり焼いて、一旦取り出して、カブの葉は1センチ満たないくらいに切ってさっと焼いたところにしらすを戻し入れると美味しくできます。味付けはお塩です。あーお腹すいたー。

 

 

 


テーマ:

 

土鍋で筑前煮

根菜類を鍋に並べ、水・酒を入れ火にかけ沸いたらみりんとお醤油。

お醤油と酒、片栗粉をまぶした鳥も入れ15〜20分コトコト。

(途中しいたけも入れましたよ)

簡単土鍋の筑前煮が完成。

 

この作り方、完全に筑前煮のハードルが下がる。

人参がなくても、ごぼうがなくても 何がなくてもいいんです。

家にあるもので、酒・みりん・お醤油を回しかければ。

 

土鍋料理を見て癒されると言われ 我が家は完全に土鍋料理それから増えてます・笑

そんな自分が単純だなって思います。

土鍋っていいですよね。

美味しいんです。素材がふっくらしてて口当たりが優しくなる。

それでいて、部屋が温まって 冷めにくくて 食卓の雰囲気もよくなる。

鍋と器が一緒だから洗い物も減っちゃう。いいことづくめ。大好きです。土鍋。

 

 

先ほどザッハトルテとコーヒーをいただきました

写真撮ったんです。なのにメディアが入ってなかった!!

もう何度この失敗をしているんだろう。

残念、、

 

コーヒー、いろんな飲み方を楽しんでください。

というのをよく聞きます。

ストレートだけじゃなく、嗜好品なのでもう好みで飲むのがいいんです。自由なんです。と。

どうしてそんなに力説するのか、私はコーヒーの世界がわからないまま今まで生きてきたのでどういうことだろう、、と思ったら、日本人の方はストレートで飲む傾向が強いようなのです。私なりに考えたのですが、1つは日本人の体質と、もう1つは日本人はスッキリしたものをその素材のままいただきたいという敏感な舌と文化を持っているからなのかなと思いました。

でも、コーヒーの国の人たちはストレートで飲むことはないというのを耳にすると、コーヒーという飲み物はきっとお砂糖やミルクと合わせた時にとてもいい世界があるのではと思い、試してみたらありました!!

 

最初、お砂糖やミルクと合わせるとコーヒーの味がわからなくなるんじゃと思ったのですが、全然。もうコーヒー豆さんごめんなさい。って感じです。コーヒー豆に言わせてみれば私そんなに簡単に個性なくならないです!砂糖やミルクをいれたくらいで私の個性はかすんだりしないのと言われてるような(きっと言ってないです・笑)でもその位ちゃんと個性は消えずに、むしろこのコーヒーは砂糖と一緒に飲んでも こんな風な存在を残すんだとその豆の持つ力さえ感じました。シルキーやベルベットな舌触りというマンデリンを飲んだ時口の中に表面張力のあるものを含んだような不思議な食感があったのですが、そのマンデリンとミルクをのむともう表面張力倍増で口の中で厚みをます液体にバージョンアップし濃厚な食感へと変貌するのです。コーヒー豆ってすごいです。でも、このマンデリンそういう特性のないマンデリンではこの変貌がないんです。コーヒーって面白い。(マンデリンの種類だけじゃなく焙煎度もあると思います)

 

お砂糖合うかな、ミルクは合うかな、という風にコーヒーとの組み合わせを色々経験してると、お菓子との組み合わせも想像できてくるようなのです。自分が飲んだことのあるコーヒーだとなんとなくこんなお菓子が合うだろうなと 生意気ですがわかってくるようになるんです。ちなみに私が勝手に答えと思っているのはカフェバッハ のおかし作りの本で、その本にはお菓子のレシピとそのお菓子にあう豆が載っています。私かなりの確率で正解し、バッハを目の前にして、この豆と合うと書かれているものに いやそれはこっちの豆の方がいいでしょう。と力強く思ったり かなり生意気な意見まで持つようになってるようです。

(多分カフェバッハ さんはこの豆だけ合うとはおっしゃられていないと思うので、私のいやいやこっちだろうという意見自体おかしいのですが・笑)

 

ここは私の個人の楽しみですが、お砂糖(ミルクも)はコーヒーにまぜずに口に含んでそれからコーヒーを飲むというのが好きです。コーヒーとお砂糖のコントラストがあってこれでいただくと至福の時間です。ミルクも癖のないミルクで飲むとそのコーヒーの本領が発揮されるように感じています。一度そうじゃないミルクと合わせたら、うーん・・強い・・と思ったのですが、飲み良いものと合わせるとあう!!と思ったので。

最後に私が気に入って一緒にいただいてるお砂糖は島ザラメというものです。

澄んだ甘みとコクがあります。茶色い澄んだザラメはよくあるのですが、この島ザラメは一味もふた味も違います。初めてお砂糖を美味しいと思いました。

コーヒー屋さんでついてるお砂糖はコーヒーの味を邪魔しないお砂糖。

私がいただいてるのはコーヒー屋さんよりもコーヒーの存在は消えてしまうかもしれないのです。でも、この島ザラメでいただくコーヒーは私にとって他のものでは味わえない幸福感が訪れるなって感じながらいただいています。

そのザラメは辰巳芳子さんのお店で買えます。普段のお料理にもこのお砂糖を使っています。

あ、でも今日の煮物には使っていません。最近お砂糖お料理に入れると強く感じるので。

でもコーヒーにはこのお砂糖が欠かせません。美味しいんです。

 

 

 

私のひそかなコーヒーの楽しみ方でした。

長々とおつきあいいただきありがとうございます。

*ブログのコメント行けてなくてごめんなさい。

 年末ということでブログの更新も少し頻度がゆっくりになっています。

 でもブログの更新楽しみに読んでいますホェ~

 

 

 

 


テーマ:

 

今夜はお腹にやさしいものを食べたく、

旦那さんオススメレシピを作ろうと思います。

こちらの本はうまいっ!とわかりやすい味ではなく、体にやさしい味。

でも以前こんなこともありました。

お腹が疲れていた胃に優しいレシピを見たら

豚肉にチーズ。

と材料に載ってるのです。

え? 豚肉にチーズ!!

作りました。たまに頭で作ってしまう時が私にはあるようで。

でも案外食べれて ほおって思ったことありました。

やさしいだけじゃない、ちょっとコクあるレシピもチラチラっとある本です。

 

 

今夜作るページは写真のもので⇩ 

先ほどの豚にチーズというレシピは隣のページです。

見えてませんが汗

 

 

この中で使う鶏むねも白菜も今日使おうと思っていたもの。

鳥を焼いて火を通した白菜をしいて 甘酢あんをかけて出来上がりという簡単なもの。

あとは作っておいた副菜と一緒にいただこうと思います。

今鶏肉に下味をつけてました。

 

先日デパートの出店でパンが売られていて、

その中のパンが初めて食べたパンだったんです。

 

パンをね、燻製しているんです。

それもぶどうの木で。

ぶどうの木の燻製ってどんなの?と思い食べたら結構しっかり濃い燻製。お肉みたい。

燻製がその気にさせ(お肉のような気にさせる)、

ドライトマトの食感と塩気がますますその気にさせる不思議な燻製パンでした。

このお店体にやさしい食材をうたっているお店だったようです。

今夜は体にやさしいものをいただこうかなの気分だったので、このお話も一緒にしてみました。

 

今朝は氷点下2度

寒くなってきてストーブの温かさが心地よいです。

うとうとしてしまいそうです(ウソです。してました)

冬くるのかな雪だるまそれでは良い夜をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス