[山梨]全国初 火山防災の専門職員採用へ | 山梨一心‼︎ブログ

山梨一心‼︎ブログ

様々な被災での苦い記憶を風化させないため、「心をひとつに!」奮闘しさまざまな取り組みを通して報恩感謝の心を繋いでいくことを目的に山梨から全国へ世界へと繋げる強い気持ちから発足したプロジェクトです。

私たちが毎日のように仰ぎ見る富士山は、実は活火山です。

 

最近の噴火は約300年前、江戸時代中期の1707年の宝永噴火までさかのぼります。

ここまで長期間にわたって火山活動がないと、

「もう富士山が噴火する事はないのでは?」と思われるかもしれません。

 

しかし、火山の一生は長く、300年程度の休止期間は火山にとってほんの一瞬に過ぎず、

近い将来に噴火する事も考えられます。

富士山では、2000年10月から2001年2月にかけて、

富士山の地下にあるマグマの動きが原因と思われる 「低周波地震」が多発しました。

 

このことは富士山が生きている火山であるということを示しており、

いわば眠っている富士山の寝息が荒くなった状態と考える事もできます。

 

そんな中、全国で初めて、火山防災の専門職員を採用するニュースがありました。

全国初 火山防災の専門職採用へ - NHK NEWS WEB

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/20191107/1040008272.html

 

むしろ、全国で初めてだということに驚きました。

火山や地震など、予知が難しいものに対して、なかなか予算が組まれない状況が日本にはあります。

 

住民の生活に身近な災害について、

「起きた時の被害を少なくする取り組み」をもっと加速させて、

自然と共生する社会を作っていく必要性があると感じました。

 

山梨一心とは

東日本大震災から8年の月日が経ち、9年目になりました。
被災地の復興は未だ遠く、被災者の多くもかつての生活が取り戻せない状況が続いている中、

被災地の悲劇と復興が人々の記憶の中に埋もれつつあるのも事実です。

私たちはあの出来事を絶対に風化させてはなりません。

※『風化』とは『心に刻まれたものが弱くなって行くこと』

震災では多くの人が「助け合う心」を震災の教訓として挙げました。

この「心」を世代から世代へ受け継ぐ役目が私たちにはあります。様々な被災地に「心」を寄せ、復興・創生のために力を合わせる。

山梨一心!!
様々な被災での苦い記憶を風化させないため、「心をひとつに!」奮闘しさまざまな取り組みを通して報恩感謝の心を繋いでいくことを目的に山梨から全国へ世界へと繋げる強い気持ちから発足したプロジェクトです。
地元山梨の皆様のご協力のもと、募金活動をはじめ様々な取り組みを通して「心」を繋ぐべく日々奮闘中です。

私たち「山梨一心!!」はいつまでも発信し続け、いつまでも支援を続けます。

日本赤十字社の活動は地域になくてはならないものです。
山梨一心は日本赤十字社の活動を応援いたします。

 

山梨一心!!今こそ一人一人の情熱を! ≫≫≫≫ 【山梨一心!!】

 

山梨のクーポン&お店探しアプリ   ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねるアプリ】

山梨のことなら              ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねるナビ】

山梨に住みたい方は          ≫≫≫≫ 【山梨 I・U ターン】

山梨の人気のスタンプ         ≫≫≫≫ 【フジMAXスタンプ】