山梨一心‼︎ブログ

様々な被災での苦い記憶を風化させないため、「心をひとつに!」奮闘しさまざまな取り組みを通して報恩感謝の心を繋いでいくことを目的に山梨から全国へ世界へと繋げる強い気持ちから発足したプロジェクトです。


テーマ:


東北の太平洋沖を台風並みの低気圧が通過した際に、防波堤などの施設が損壊しました。

過去の津波災害を調べてみると、災害が発生した後で、多くの場所で防潮林や防潮堤が整備されたことを知りました。
 
津波災害の後で整備された施設や、復興事業を調べると、
基本的には、津波による被害の軽減と、津波襲来前の避難の二点の実現を考えているようです。
具体的には、小規模の津波に耐える防潮堤などを整備すること、被災を軽減する防潮林などを整備すること、
高台移転など津波が到達しない位置に生活拠点を移すこと、住民の防災意識を高めて地震があったら避難することなどです。


過去の資料を見れば見るほど、現状と、過去の津波被災後の状況は似ています。
同じような災害に襲われ、同じような対策を実施し、忘れた頃に同じような失敗を繰り返す。
防災施設だけで、被害をゼロにすることは難しいです。
過去の教訓を次の世代に引き継ぎ、来るべき災害に備える必要があります。


自然災害の猛威は、ある日突然やってきます。
それも、思いもしない形でやってきます。 
完璧な備えは困難ですが、最善のことを備えはしたいものです。

・今住んでいる地域内でつながりを作ること
・状況に合わせて対応できる思考力と体力を持つこと
・防災グッズを準備すること
・非常時の連絡手段を多く持つこと

今できる最善の備えだと思います。



山梨一心とは
東日本大震災から4年の月日が経ち、5年目への節目を迎えました。
被災地の復興は未だ遠く、被災者の多くもかつての生活が取り戻せない状況が続いている中、
被災地の悲劇と復興が人々の記憶の中に埋もれつつあるのも事実です。
私たちはあの出来事を絶対に風化させてはなりません。『風化』とは『心に刻まれたものが弱くなって行くこと』
震災では多くの人が「助け合う心」を震災の教訓として挙げました。
この「心」を世代から世代へ受け継ぐ役目が私たちにはあります。
様々な被災地に「心」を寄せ、復興・創生のために力を合わせる。


山梨一心!!今こそ一人一人の情熱を!
様々な被災での苦い記憶を風化させないため
「心をひとつに!」奮闘しさまざまな取り組みを通して報恩感謝の心を繋いでいくことを目的に
山梨から全国へ世界へと繋げる強い気持ちから発足したプロジェクトです。

よろしくお願い致します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

yamanashi-isshinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。