☆第7回白馬国際トレイルラン☆

テーマ:
こんばんは🌙


秋の気配が少しずつ深まってきてますねくるくる


さて、私は、昨日、白馬国際トレイルランに3年連続走ってきました富士山


勿論、ロング51kmの部!!









今年のコースは去年とは違い逆回りのコースガーン



去年の説明会では鏑木さんから「白馬のロングは制限時間が短いし、かなりレベルが高いコースですよ~」との一言ガーン



今年のコース説明会でも、鏑木さんから「逆回りはかなりキツいよ~」「トレイルは辛いことを楽しみましょう~」との一言笑い泣き



鏑木さん、もっと盛り上げて~と、心の中で叫んでました笑い泣き



鏑木さん、三好さん、福田さんのスペシャルゲスト拍手




頭の中では過去2年間の辛い記憶が甦り、気分はブルーにダウン



でも、今年は完走することは勿論ですが、自分の中では過去の記録を大幅に更新することを目標にトレーニングを積んできましたグッ



友人からの文殊MJ20への招待!!


白山周回!!


どれも辛い練習!!



でも、気力は充分している!!



素晴らしい仲間達に感謝!!



そして、スタートを迎える走る人






はやる気持ちを押さえながら、おかるの穴エイド(27.9km)を目指すくるくる



フラットな砂利道を過ぎて、レース序盤のフワフワトレイルを満喫し、1つ目の山、東山
の頂上では素晴らしい白馬連峰が目の前に拍手


完全に体と心にスイッチがはいる!!




ここからは、東山を降り、ロード、林道に入りおかるの穴エイド通過走る人


天気予報では27℃迄気温が上がり、暑くなることを覚悟していたのですが、山の中はサラッとした感じで吹く風も涼しく走りやすかったですねくるくる



そして、2つ目の山、岩岳に入るガーン



去年は岩岳の降りで大転倒した苦い記憶が甦り、今年は逆回りなので急登を気合いを入れて登る!!


急登で全員が無口に笑い泣き


岩岳を登りきって、岩岳名物「犬の寝床」の木段324段を一歩一歩降りる走る人



岩岳を降り灼熱のロードを約4km走り、八方に足を向ける笑い泣き



最後の山、八方尾根に入り、スキー場の急登をゾンビ状態で登るガーン



不思議と足も体も前に前にと動く拍手



心配していた足の痙攣も大丈夫グッ



最後のエイド、パノラマエイドを通過して白馬の街が目の前にひろがる目








走っていて不安に思っていたことがあったのですが、腕時計のGPS距離とコースに設定してある距離が2kmほどずれがあり、何人かの選手との話でも同様の言葉がありましたガーン



太陽フレアの影響でGPS(衛星測位)に誤差が出たのかな~と思いながら私は走っていましたけどね口笛


最後の降りだと思っていたことが、最後の最後に白馬のアドベンチャーが待っていました叫び






なんと、急ハシゴ拍手



ハシゴを降りたら、泥んこ状態の道、道ガーン



泥んこ状態の道を過ぎ、浮き石の道を走り、ゴールを目指す走る人







無事にゴール!!






ロングを走った福田六花さんと完走したメンバーと共にカメラ

六花さんは若狭路トレイルのプロデュースをやられているので、福井の若狭路トレイルの話をレース中にしながら盛り上がって走ってましたくるくる





ゴールで待っていてくれた福井の若武者、陸君!!





最後の仲間も無事にゴール!!





今年の白馬は本当に楽しく走れました走る人


ロングコース51km 制限時間10時間くるくる

過去の記録、2015年9時間54分56秒!
      総合順位510位くるくる
   
      2016年9時間58分10秒!
      総合順位548位くるくる


そして、今年の記録は8時間20分43秒!!
          総合順位384位くるくる


大幅に記録更新しましたグッ



やりきった感100%チョキ



嫁さんもはじめての20kmトレイルラン走る人



勿論、完走!!









今年の白馬は素晴らしい天気で迎えてくれ、そして、最高のレースができましたクラッカー









練習に付き合ってくれた仲間、そして、素晴らしい白馬の山々、白馬のスタッフ、毎年、元気を貰う白馬中学校の生徒達、全ての皆様に感謝、感謝です合格



私は還暦(あと3年)になるまでは白馬の山々にチャレンジし続けたいと思っていますグッ



白馬最高!!



おまけグッ


スタート前の、ホテルから見た白馬連峰は朝日を浴びて輝いていました富士山






最高の1日をありがとうくるくる



それでは、またニコ


































AD