顔と名前を覚える人のブログ

顔と名前を覚える人のブログ

葬儀業での独立開業 葬儀の本質は何だろうって? 故人を送るのに形・金額よりも想い・ご縁が大切だと思い 始めます。
そして、死んでからよりも生きているときの不安 心配・葬儀の後の気持ちのケア・手続きなどをお手伝いいたします。

葬儀での独立を目指す為に、広告手段として始めました。

しかし、現在は「自分の意見・思ったこと」を発信できる! その喜びが一番です♪

Amebaでブログを始めよう!

二年ぶりぐらいの投稿になります。  ほとんどの読者様は、更新ないからいなくなっているでしょう。

 

現在は、セレモニー想縁 は創業三年半となりました。  まだまだ自社での集客(葬儀の施工依頼)は、月に位1件程度で売り上げとしては

足りません。。  

それを、ネット葬儀紹介会社(小さなooとか、DMoとか、よりoう などから)いただく葬儀が多少補っている感じです。

 

自社の知名度が低いことは、努力不足なので・・ 言い訳をありません。  しかし、自分が感じる”葬儀業界の流れ”は、確実に少人数・小規模に向かっていると思います。

葬儀自体が、わずらわしい・面倒・むやみに金が掛かる・・・ ネガティブなイメージあると思います。  一応、心の区切りだとか良い面もあるのですが、葬儀業界+宗教=ぼったくり と思われているのではないでしょうか?

 

私の思う 葬儀の核は『残された家族・親しい人が、納得できる別れを告げる』ことです。

勿論、無理な日程や金額 規模の葬儀を行われて、後々 苦労されては、意味が変わってしまうし 私自身が故人となった場合でも、残った家族が生活をきちんと出来ているほうが安心できます。

 

風習や常識をおろそかにする必要はありません。 ですが、そこばかりを重視されて大切な自分たちの”想い”を、軽視されてはならないと思います。