貧困の連鎖が当たり前の現代

当たり前にしない為には、連鎖の構造から考えなければなりません。

貧困、低学力、低学歴、就職難、低収入の父親、
子供に貧困家庭、繰り返し。


この連鎖を断固絶滅させようではありませんか。

貧困家庭の子供達が自立する力を付けていくことができれば、必ず一歩前進するはずです。

自立

どうすれば自立力を大きくできるか。

まず親にできることを最大化しなければなりません。


子供達が頑張る力を備えれば、それはお金などの財産を受けとるより、重要な能力の備えになるはずです。

頑張る力は、
1,考える、判断する、表現する、訓練
2.知識および技能を身につける。
3.学習習慣をつける。
4.学習意欲を高める。
であります。

大切なのは、愛する親から褒められることです。
一人親家庭が貧困を生むなら、親は二倍褒めてあげなければなりません。

地方の義務教育学校で小中高一貫教育にしているところで寮を作り、全国の一人親家庭の貧困状態にある子供を入所できるようにすることも必要なのではないでしょうか。

その学校は、朝から晩まで終始一貫褒めることに徹する方針でなければなりません。
特に高知県の山間部で自然の中にいて自立を学ぶ
制度を構築したい。



段々と一貫教育学校が設置されています。

一人親家庭の子供達をチャンスある人生に導く為に国家か寮を作り、費用負担をする。
こんな制度を地方中心に構築できれば嬉しいです。

参考
ペリー就学前計画
アベセダリアンプロジェクト
シカゴハイツ幼児センター
などこの方向性にあります。