ここは、五台山竹林寺のお山
特別に墓所を建設していただいた貴重なお墓

右が、父親、竹内和夫
左が、母親、竹内瀧

夫婦苦労を重ねて土佐料理というコンセプトを確立した。
カツオのタタキという言葉は、竹内和夫さんが創作したと私は今でも思っています。


帯屋町の味デパという一レストランから出発して、万博景気の大阪阪急三番街出店でチャンスを掴み、立て続けに東京進出。
家内は、東京赤坂の土佐料理ねぼけの4階に住んでいた。
高校は、そこから通った。
家族一緒に商売をする基本があった🤭

強さの和夫さん
柔らかな優しさの瀧さん


この家紋は、桔梗

竹内家は、元高知市介良
その前は、南国市才谷

桔梗紋は、そも明智光秀の家紋
そして、光秀の末裔とされる坂本龍馬の家紋も桔梗紋

どうもその系統の家だとわかる。

発想の大胆さ、機知に富む話、決断力の強さ、
比類のない人物。
私は今でも、惚れています。

生前、リーダーとして稀に見る統率力があった。
私にこの竹内和夫さんの才能があれば、総理になれたかもしれません!