東京に異変?

テーマ:

日本🇯🇵の中の話なら、地方都市が発展していることの反射的効果かもしれません。

地方の出身の私としては、喜んでいいかと一瞬思いました。


確かに東京に限界がきています。


個人の人生も、東京=幸せ、とはいかない時代がきたようです。


伸び率から見ても、平均的。
高齢化少子化は東京も同じ。
人口が多いから、消費量が多くなる、そんな時代ではありません。
構造変化は、かなり厳しいと認識しなければなりません。


東京が、世界の中心にはないのです。


購買力平価でも、厳しい現実があります。


世界中にマクドナルドのお店があります。


そこのメニューに、ビッグマックがあります。

東京の店では、いくらか?ご存知ですか?

390円です。
スイスの🇨🇭、ジュネーヴでは、728円です!
安いから、喜んでいいのでしょうか?

円が、高いから、390円。1ドル=100円なら、約4ドルになります。
円が安ければ、例えば、1ドル=200円なら、4ドルで800円。スイス🇨🇭と同じくらいになります。

為替の影響を考えさせられる指数です。

また、物価が高い国になると当然、ビッグマックも高くなります。

物価の影響も考えさせられます。

一般には、高い国ほど裕福で、低い国ほど貧乏です。



日本は、一般的には、世界中で、まだビッグマックを買う人の買うチカラが、21位。
弱い方に入ります。


今正に、東京が生き残れるかどうかの、時代になってきました。

東京と地方と比較している場合では無いと言えるかもしれません!