量的緩和策国債買入

テーマ:


日銀は、金融緩和政策の一環として、マネタリーベースを量的質的に高めている

市場からではあるが、年間80兆円もの国債を買入ている。


ほぼ銀行の持っている国債は、日銀の保有に変わり、銀行は、当座預金口座に大量の現金が積まれる。


日銀保有資産の国債は大量になった


困ったことに、この現金に利子がつくではありませんか!
10兆円に0.01%の利子で、1000億円
何もせず、支払い義務を負っているようなもの。

利子がつく以上、銀行の収益は、悪化します。
つまり、早く当座預金から貸付に回さないと利子が嵩むよ。と、脅しをかけられているようなもの。



だけど、銀行によっては、資金繰が、円滑化するので、良いとするところもあります。不安解消?

しかし、銀行経営は、崖っぷち!

日銀金融緩和政策の目的は、2年で2%の物価の上昇。デフレからの脱却であったはず。

少し副作用があり過ぎに感じます。