山本先生
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

このブログを見て塾に来てくれたお母さん

山本のブログを見て

ある私大医学部専門予備校に通っている女の子のお母さんが

山本の塾を訪ねてくれました.

ご自宅は渋谷なので山本の塾に来るには50分ぐらいかかるのですが,

ぜひお嬢さんを山本の塾に来させたいとのこと.

 

山本数学教室は大々的な募集もせず,

広告や宣伝などもしないため,

山本数学教室の存在を知ってくれている人は結構少なく,

塾に問い合わせをしてくれる人は

 以前塾に兄弟が通っていた

 以前山本が教えたことがあるお父さんやお母さんの子供

 ブログで知った

 塾に来ていた人の紹介

がほとんどです.

 

今回来てくださったお母さんは

たまたまブログを見つけて

山本の数学の教え方が自分の娘さんに合っていると考えて

山本と話すために来てくださったのでした.

 

お嬢さんは1浪で地元渋谷の医学部専門予備校に通っているのですが,

1学期頑張った割には数学が伸びず,

本人が自信を無くし欠けているのを何とかしてほしい

というのがお話でした.

 

実は医学部専門予備校といっても

数学・物理・化学・生物・英語・小論文・面接の

全てにわたってベストの人材を集めているわけではなく,

渋谷だけでも

英語に強い予備校,物理に強い予備校,など

特徴があります.

彼女の行っている予備校は塾長が英語の先生で

英語の講師は代ゼミと兼任する人が何人かいて,

とても英語の講師陣が充実しています.

 

半面,数学と理科は英語に比べるとやや弱い印象があり,

予備校自体も英語授業にとても力を入れています.

 

彼女が弱い数学は

彼女には少し難しいようで

夏の間に集中的に特訓してもらえないかということでした.

 

とりあえずお嬢さんにその場で2問ほど問題を解いてもらいましたが,

なるほど教科書の知識はしっかりしていますが,

入試問題の基礎になると手が出なかったり,解法が遠回りになります.

偏差値的には河合塾の模試で50~53ぐらいでしょうか.

 

基礎はひととおり身についているので

7月中旬から8月末まで

入試の標準問題が解けるための基礎の応用力をつけることを目標にして

毎週土日に2コマずつ個別指導をすることになりました.

 

実は山本の塾には,予備校に通っていて週2回ぐらいずつ

基礎力や応用力を身につけるために,

コンスタントに通ってきてくれる人が何人もいます.

 

もちろんいろいろなレベルの人がいるので

一概には言えませんが,

基礎力がついていても応用力がない人の多くは

パターンの違いを分析する力が欠けているか,

パターンの解法が大雑把なことが多いため,

勉強の要領が悪い人は1週間のうちの日にちをあけて週2回,

勉強の要領がよい人には土日に連続で来てもらうようにしています.

 

これは勉強の要領が悪い人の場合,

せっかく土日でセンスをよくしても

1週間空いてしまうとそのセンスを忘れてしまうためです.

また要領の良い人は

土日で集中的に1つのテーマに対して徹底的にパターン分析をすると,

それを1週間でしっかりと自分のものにしてくれる人が多いのです.

 

今回の彼女は毎週土日を利用して

彼女の弱点を一つ一つパターン化して教えることで,

得意なテーマを作ってあげることにしました.

 

数学の場合

微分積分・確率・ベクトルは必出ですから

まずここを得意にさせる作戦です.

 

志望校は

聖マリアンナ医大・東京女子医大・東邦大・東京医大

なので

これらの大学が好んで出すパターンにも強くなってもらう必要があります.

順天堂大や慈恵会医大のような重い数学の問題よりも

本質をパッと見抜いて素早く解答することが要求されているので,

それも考慮して教材を彼女専用に作ることにしました.

 

たった7週間で彼女がどこまで力を伸ばすか,

今からとても楽しみにしています.

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>