CES2018 会場レポート No.2

テーマ:
この会場(Venetian)はメインとなるのは2フロアありまして、

一つはスタートアップ系が集まる EUREKAPark

もう一つはベンチャーから大手企業がカテゴリ別に集まるフロア。
スマートホーム、ヘルスケア、フィットネス、スポーツ、ワイヤレスやセンシング、ウェアラブル、ビューティ、オールカテゴリといった感じで分けられていました。


まずはなんといっても、スマートホーム関連の出展が一番多かったですね。
昨年のAmazon AlexaやGoogle Homeなどのスマートホーム関連がとっても大きな話題だったそうで、各社とも今年は対応商品がずらーーっと出てきてましたね。

その中でも、対応商品として多かったのは、ライト、鍵とアラームでした。

{605EBFD7-6FC1-4143-A5A4-839F196518F0}



なかにはお風呂やシャワー、トイレとかあらゆる生活家電に対応してるケースも発表してましたが、どこまでスマート化って必要なの?て感じもしましたが、

家帰る前にエアコンつけれたりとか、お風呂溜めといて、とか、火の消し忘れがなくなって火事防止とかが普通にコントロールできるようになったら、やっぱり便利なんでしょうね。

{71A043FD-BB75-41E8-B2F8-E727B8186C14}

{F462DC92-E9DB-473A-A899-58379E74345C}



あっという間に、スイッチオンオフや調整、切り替えを声でコントロールしていく時代になり、スイッチやリモコンが手間に感じる時代になるんでしょうね。



そして、睡眠関連の出展も多くてビックリしました。
睡眠とテクノロジーがこんなに親和性高いと考えている人たちが多いんだということにビックリ。


{1315D1F8-7737-4F25-8721-0AB2EBC2D3AB}

{2BC27620-A201-4693-B64E-312A39694165}


何故だろうと思っていたんですが、


エンジニアやテック系の人たちは、睡眠時間が短い人たちが多いから、少しでも効率良い睡眠がほしいんじゃないかな?!っていう友人からの意見には、なんか納得しました。笑




{AB9C9D68-AF0C-4383-8F59-F0926BB6710E}

{C74EEB9B-2731-448D-9079-F63A76F93CFD}



ウェアラブル関係だと時計やフィットバンドみたいな商品が多かったです。
アップルウォッチを出て直ぐ買い、2も買って自分で試してみましたけど、、うーん、、色々あるなー

と思っていたら、

ペットのウェアラブル製品もでていました笑

{8EB48ED4-FA73-452F-A10D-0F48349902AF}



ウェアラブルデバイスが活用されるのは人間だけじゃないんですね。


ということで、次はEUREKA PARKへ行ってみましょう


つづく、、