子どものやりたいを膨らめよう~教室のプレピアノから~

 

こんにちは!

沼津やまもとピアノ教室  山本律子です

 

梅雨も明けました。

一気に真夏になってしまいましたね。

二度目の夏バテ??と言いましょうか・・・

毎年のことですが、

固形物が入りづらくなっていますショボーン

 

さて、

教室のプレピアノレッスンについてのお話です。

 

ピアノをはじめるぞー!

といっていきなり「エリーゼのために」や

バイエルをポンと置いて

始まるわけではありません。

~昔はいきなりバイエルということが多かったようですが~~

 

教室では年齢にもよりますが

音楽を

まずはリズム、鍵盤、5線(楽譜)にばらして

レッスンをしていきます。

 

なぜなら、

まず、どんな楽譜でもよいのでお持ちください。

音符が書かれている楽譜というのは

よくできています。

人類の素晴らしい発明ですねびっくり

 

楽譜にはリズム(時間)メロディー(音の高低)和音(ハーモニー、音色)

~あと強弱などもありますが~

すべて書かれています。

 

ということは、ピアノを弾くということは

これら3つを同時にやっていくわけです。

 

いかがですか?

3~4歳の子供たちが学ぶことの中では

かなりハードな、

インテリジェンスな習い事ではありませんか?

 

ですが、子どもたちは興味津々です。

先日の年少さんは、1回目のレッスン早々

色塗りよりも何よりも

「ぼくこれ欲しい!」と言って

楽譜(テキストB 次の次の次くらいのレベル)

を持って帰ろうとしてました爆  笑

 

そうなんです。

子どもには

「学びたい、知りたい、できるようになりたい」

という純粋な欲があるんです、

子供たちみんなです。

 

 

その欲求を萎ませ無いよう、

お母様はさらに膨らめ続けてあげてください。

 

インテリジェンスな内容を

より楽しく、わかりやすく、こぼすことなく

積み重ねていくのが講師の仕事です。

 

お母様がたとえピアノについての知識を

お持ちでも

何よりも「膨らませる」サポートをしてあげてくださいね。

 

ちなみに教室では

リズム練習はこちらのスティック

 

鍵盤については

ある先生の発案でそうですが、子供たちに人気です照れ

 

そしてこちら

 

5線の1本目、

とても重要です。

第一歩です。


メロディ、ハーモニーは直接歌います。

 

ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ 

教室についてはこちらをご覧ください。

 

教室のレッスンの様子はこちら⇒レッスンについて

 

体験レッスンなどメールでのお問合せは⇒こちらから

 

お電話の場合⇒ 055-922-6768

レッスン中出られない場合もありますが

追ってこちらからお電話差し上げます。

 

こちらのLINEからもお問合せ、

体験レッスンのお申込みができます。

教室レッスンの様子などさらに詳しく発信しています。

1対1トークですのでご安心してお使いください。

お好きなスタンプでご登録くださいね。

 

友だち追加