低投票率が問題だ | 千葉市議会議員 山本直史 オフィシャルブログ「行動する市議会議員」Powered by Ameba
2019-04-07 22:54:00

低投票率が問題だ

テーマ:熱き想い!
山本直史です。

千葉市議会議員選挙が終わりました。
稲毛区は8議席に対して13陣営が出馬しました。

千葉市は政令指定都市なので、選挙区は6区に分かれていますが、千葉市議会全体で見ると50議席に対して65陣営が出馬しました。

前回の千葉市議会議員選挙の投票率は41.06%でしたので、実に10人に6人が投票に行かない選挙でした。

今回は、その低投票率だった前回の選挙をさらに下回り38.77%でした。

これは、政治家が信頼されていないのか、そもそも千葉市政に関心を持たれていないのか、もう政治には何も期待しないという有権者の声なのか、その本当の理由はわかりません。

ただ、この政治的無関心な状況が続くことは、非常に問題だと思います。

千葉市のこれから先の4年間をどの候補者に託すのかを問う選挙にも関わらず、低い投票率で推移している現状は、候補者もさることながら、有権者の民度も問われています。

これから深夜にかけて、順次開票結果が明らかになると思われますが、当選された候補者の方は是非とも自分の支持者の声だけでなく、サイレントマジョリティの声も受け止めて市政に携わっていただきたいと思います。

また、個人的には、何としても投票率を高める方策、少なくとも過半数の50%は超えるために自分に何が出来るかを考えたいと思います。




行動する市議会議員・山本直史(千葉市議会議員・無所属)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ